ページの先頭です
ここから本文です
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

お役立ちコラム②(舌下免疫療法)

最終更新日:平成29年4月21日 | 公開日:平成29年4月21日

花粉症が治るって本当!?

イメージキャラクター疑問の表情イラスト

花粉症を完全に治すために

毎年スギ花粉の飛散シーズンになると、くしゃみや鼻みずなどが続き、つらく憂鬱な毎日を過ごしている方も多いのではないでしょうか。
症状の改善に加え、スギ花粉症を根本的に治すことが期待できる治療法として、「アレルゲン免疫療法」があります。日本では、以前から皮下注射法が実用化されていましたが、2年以上通院して何度も注射を打たなければならないなどの理由から、あまり普及しませんでした。
そこで、東京都ではもっと利用しやすい根本的な治療法の開発・普及を目指し、スギ花粉症の舌下免疫療法の臨床研究を行いました。

舌下免疫療法とは

東京都が行った研究の結果、症状が消失又は軽減した方は全体の約7割であり、この治療法の有効性が確認されました。平成26年には、「スギ花粉症の舌下免疫療法」が保険適用となり、多くの方がこの治療法を利用できるようになりました。
この治療法は、スギ花粉抗原を含んだ薬剤を舌の下に投与することにより、体をアレルゲンに慣らし、症状を和らげます。治療期間は2年以上かかるものの、皮下注射法に比べて通院回数が少なく、自宅で行え、苦痛や重大な副作用の少ないことが特徴です。
興味のある方は「舌下免疫療法」が可能な医療機関にご相談ください。

このページは東京都 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 環境情報担当が管理しています。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る