ページの先頭です
ここから本文です
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

自治体の取組事例①(東京都多摩立川保健所)

最終更新日:平成29年4月21日 | 公開日:平成29年4月21日

給食施設における食物アレルギー事故防止対策(東京都多摩立川保健所)

給食施設でのアレルゲンの混入を防止するためにはどうしたらよいでしょうか。
多摩立川保健所では、保育園等に食物アレルギーの原因として多い「卵」、「小麦」、「乳」について、以下のような項目でアンケート調査、ふき取り検査、調理器具の洗浄実験等を行いました。

  1. アレルギーを持つ子どもはどのくらいいるの?原因食品は?どんな事故があるの?
  2. アレルゲンが残っているのか施設のふき取り検査をしてみました!
  3. 調理器具に付着した卵、牛乳を効果的に洗浄するには?
  4. 小麦粉を振るうとどのくらい飛散するの?

その結果、取扱方法によっては食物アレルゲンが残ってしまうという怖い結果が・・・

詳しくは、多摩立川保健所のホームページをご覧ください。

イメージキャラクター疑問の表情イラスト

このページは東京都 福祉保健局 健康安全部 環境保健衛生課 調査担当が管理しています。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る