ページの先頭です
ここから本文です
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

アトピー性皮膚炎

最終更新日:平成29年4月21日 | 公開日:平成29年4月21日

アトピー性皮膚炎とは

顔や身体にかゆみを伴う湿疹が現れて、良くなったり悪くなったりを慢性的に繰り返す病気です。
皮膚の乾燥とバリア機能の低下により、皮膚の表面に隙間が出来て、そこからさまざまな細菌や刺激物質、アレルゲンなどが入りやすくなり、炎症を起こすと考えられています。

アレルギーを引き起こすもととなる物質の説明図

(出典:独立行政法人環境再生保全機構『すこやかライフNo.43』より)

アトピー性皮膚炎の特徴・症状

  • 皮膚が全体的に乾燥している(乾燥肌)
  • 湿疹は左右対称に現れることが多い
  • 湿疹が出やすい場所は、年齢によって異なった特徴がある
    • 乳児期:頭、頬、口のまわり、首、耳の付け根が多く、悪化してくると身体や手足に広がる
    • 幼児・学童期:首、ひじの内側と外側、ひざとその裏側など、関節の部分
    • 思春期・成人期:上半身(顔、首、胸、背中)
  • かゆみのある湿疹が長期間続く(乳児では2か月以上、それ以上では6か月以上)

症状は、皮膚が乾燥してカサカサしている状態から、湿疹のあった皮膚が硬くゴワゴワになったり、赤く腫れてジクジクしたり、さまざまな段階があります。

治療

アトピー性皮膚炎を改善させるには、「炎症をとること」と「皮膚のバリア機能を回復させること」が必要です。治療には、科学的な根拠に基づく有効性が明らかな標準治療(治療の3本柱)があります。

治療の3本柱

  1. 皮膚を清潔にして乾燥を防ぐ(保湿)『スキンケア』
  2. 皮膚の炎症を抑えるための外用薬による『薬物療法』
  3. 症状を悪化させる汗やダニなどの『悪化要因の対策』

看護師イラスト

薬物療法(外用薬)について

アトピー性皮膚炎の皮膚の炎症を抑える薬物療法は、ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬による外用療法(塗り薬)が中心となります。ステロイド外用薬は、効き目の強さによって5段階に分けられ、症状の程度(重症度)や塗る場所に合わせて使い分けます。
これらの塗り薬に対して、「体に悪そう」、「副作用が怖い」と不安や先入観から使用をためらったり、「薬を塗ってもなかなか良くならない」、「かえって悪化した」という辛い経験をしたために、薬や医師に不信感を抱き、自己判断で薬や治療を止めてしまう方も少なからずいらっしゃいます。
しかし、良くならない原因は薬が効かないからではなく、症状に見合った強さの塗り薬が選択されていなかったり、必要な量を使っていなかったり、薬の塗り方が適切ではないなど、皮膚の炎症を完全にコントロールできるだけの十分な治療が出来ていないことがほとんどです。
症状を悪化させる原因(要因)は、年齢や体質などによっても異なります。自分がどのような時に悪化しやすいのか知っておくことも、症状の悪化を防ぐためには必要です。
皮膚の炎症の状態に合わせた塗り薬のランク(効き目の強さ)の選択や適切な使い方(何を、どこに、どの程度の量を、いつ、どのくらいの回数で、どのように塗るのか)などについて医師に相談しながら確認し、根気よく前向きに治療に取り組むことが回復への道につながります。

関連情報

九州大学医学部皮膚科学教室 「アトピー性皮膚炎に関する情報

病気の特徴や標準治療、ステロイド外用薬の不安を持つ人へのメッセージ、入浴と保湿のスキンケア、悪化要因やかゆみに対する具体的な対処法、診察を受ける時のポイント等がまとめられています。

公益社団法人日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版」

公益社団法人日本皮膚科学会が作成したアトピー性皮膚炎治療ガイドライン。
EBM*の観点から、現時点における日本国内のアトピー性皮膚炎の治療方針における目安や治療の目標など診療の道しるべを示すものとして定期的に改訂されています。
*EBM(evidence based medicine)科学的な根拠に基づく医療のこと

このページは東京都 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 環境情報担当が管理しています。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る