健康食品を取り扱っている、これから取り扱おうとしている事業者の方へ 表示・広告についての
規制や注意点を知りたい
(更新:2006年4月3日)

健康食品ナビ 健康食品を取扱う際の確認ポイント

製品のパッケージに必要な表示事項について知りたい
(法令で定められた表示事項)
製品のパッケージに栄養成分に関する表示をしたい(栄養表示基準)
法令違反の事例を知りたい(健康食品試買調査で発見された違反事例)

表示・広告してはいけない表現について知りたい
<任意の表示・広告に対する主な禁止事項>
禁止事項 関係
法令
備考
医薬品的な効能効果の標ぼう 病気の治療や予防に役立つことを説明したりほのめかしたりする表示や広告を行っている製品は、「医薬品」と判断される。
医薬品的な用法用量の標ぼう 摂取時期や量、方法などを細かく決めている食品は、消費者に医薬品的な効能効果を期待させるため「医薬品」と判断される。
健康の保持増進の効果に係る
虚偽誇大表示・広告
著しく事実に相違又は人を誤認させる広告は、必要な診療機会を逸する等、消費者等の健康に重大な支障を起こす可能性があることから健康の保持増進の効果等に関して虚偽又は誇大な広告を禁止している。
優良誤認等を与える表示・広告 商品の品質や価格などについて、消費者が実際の内容より著しく優れていると誤認したり、他社より優れていると誤認する表示を禁止している。
薬:薬事法、健:健康増進法、景:景品表示法

表示をする際には過去の違反事例も参考にしてください。
このページのトップへ
このページは東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報係が管理しています。
健康食品の取扱いに関するご質問等は、各法令を所管する窓口にお問い合わせください。