健康食品を取り扱っている、これから取り扱おうとしている事業者の方へ 製造・輸入・販売についての
規制(許可、届出等)を
知りたい
(更新:2009年9月28日)

健康食品ナビ 健康食品を取扱う際の確認ポイント

輸入の届出
特定の販売形態に対する規制(消費生活安心ガイド 消費者庁)
インターネットで通信販売を行う場合のルール(消費生活安心ガイド 消費者庁)

製造・販売の許可等
※ここで紹介する許可業種は東京都内で営業する場合のものです。
食品衛生法及び食品製造業等取締条例では、食品を製造、販売等する際に、許可等が必要な業種、施設の基準等について定めています。
ここでは、健康食品を製造する際に必要となる許可業種の例をいくつか紹介します。このほかにも製造や販売にあたって許可が必要な場合があるので、詳しくは最寄りの保健所に確認してください。

許可業種 対象業務 健康食品の例
菓子
製造業
パン、飴菓子、チュ−インガム等の菓子類を製造する営業 糖類加工食品、プルーン飴等
清涼飲料水
製造業
酒精分が1容量パーセント未満である飲料(乳酸菌飲料、乳及び乳製品を除く。)を製造する営業 酵素飲料、アロエジュース、ドリンク剤類似清涼飲料水
食用油脂
製造業
動物性、植物性の別を問わず、すべての食用に供する油脂を製造する営業 サメ肝油、小麦胚芽油、スッポン油、卵黄油等
添加物
製造業
食品衛生法の規定により規格が定められた添加物の製造又は加工(小分けを含む。)を行う営業 ビタミンC等
粉末食品
製造業
粉末ジュース、その他の粉末食品(顆粒、錠剤、カプセル及びフレーク状を含む。)を製造する営業 粉末清涼飲料、カキ殻(錠剤・粉末)、クロレラ(錠剤)、高麗人参(粉末)等
食料品等
販売業
弁当類、乳製品その他の調理加工を要しないで直接摂取できる食品を販売する営業 乳酸菌飲料、はっ酵乳、納豆等

許可申請の手続き、申請書類はこちら

なお、
錠剤、カプセル状等の形状の食品を製造する場合には、適正な製造工程管理、原材料の安全性確認について、事業者の自主的な取組みが望まれます。詳しくはこちらをご覧ください。


このページのトップへ
このページは東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報係が管理しています。
健康食品の取扱いに関するご質問等は、各法令を所管する窓口にお問い合わせください。