このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立中部総合精神保健福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立中部総合精神保健福祉センター の中の よくある質問 の中の 精神科デイケアによくある質問 のページです。

本文ここから

精神科デイケアによくある質問

★施設利用申し込みに関するQ&A
Q1 利用を迷っていますが、申し込みをしたら必ず通所しなくてはいけないのですか?
A1 申し込みをすることでデイケアの担当職員と専門的な相談ができます。相談していく中で通所しないという結論にいたることもありますので、ご利用を迷っている場合には申し込みの上、相談を開始されることをお勧めします。

Q2 どのような方が利用の対象になりますか?
A2 幅広い疾患へ対応しておりますが、以下の2点について、利用の対象とならない場合があります。
(1)通常お申し込みをお受けしていない方
  ・依存症(アルコール、薬物、ギャンブルなど)の方
  ・パーソナリティー障害/人格障害の方
  ・知的障害を有する方
  その他の病名の方は、申し込みいただいた上でご本人の状況を確認し、利用の相談を行います。
  (2)利用目的に合わせて年齢の上限を設けております。ただし、ご本人の状況を確認し、利用いただける場合もございますので、利用相談への申し込みは可能です。
  ・就労の方:50歳以下
  ・復学/就学の方:30歳以下
  復職については年齢の上限は設定していません。
なお、センターの利用には主治医の同意が必要です。通院先の変更は必要ありません。

Q3 どのように申し込んだらよいですか?
A3 利用申し込みには2つの方法があります。
  (1)見学終了後、窓口にて受け付けます。
  (2)相談電話 03-3302-7711 月曜日から金曜日 午前9時~午後5時
  相談電話は大変混み合いますので、見学終了後の窓口での申し込みがスムーズです。

Q4 施設利用申し込み後、手続きの流れはどうなりますか?また、どのくらいの期間で利用を開始できますか?
A4 申し込みから正式通所まで1ヶ月半から2か月程度かかります。
   利用相談申し込み (1)窓口 (2)相談電話
     ↓
   1週間以内に担当職員からお電話を入れます:申し込み内容の確認/今後の流れの説明/面接日時の調整
     ↓
   担当職員によるインテーク面接
     ↓
   プレ通所:利用目的に合わせて日程を設定し、安定して来所できることを確認します。
   正式通所までプレ通所を続けます。
     ↓
   利用開始診察:現在の病状を把握し、利用目的等を確認します。(保険診療で初診扱いとなります。)
   利用意思の確認:医学的な見立てに基づいた利用目標を設定し、最終的な利用の意思確認をします。
     ↓
   正式通所(利用開始、保険診療の範囲で所定の料金が発生します。)

Q5 申し込みに必要な書類はありますか?
A5 主治医の診療情報提供書が必要です。
  記入していただく項目は以下の7項目です。
  (1)診断名
  (2)経過
  (3)治療方針
  (4)処方
  (5)当センターへの紹介目的
  (6)その他連絡事項
  (7)当センターから連絡を取るのにご都合の良い曜日、時間

★通所に関するQ&A
Q6 利用期間はどの程度ですか?
A6 ご本人の病状や目標によって利用期間は異なります。最長で利用できる期間は以下の通りです。
(1)うつ病の方の復職・就職:最長6か月
  (2)上記以外の疾患の方の復職・就職:最長12か月
  (3)復学・就学の方:最長12か月
  週5日休まず通所した場合、うつ病の方は3ヶ月前後、それ以外の疾患の方は6か月前後で必要なプログラムが終了します。通所と並行して復職交渉や就職活動に取り組んでいただき、その進捗状況によって利用期間が変わります。

Q7 費用はどのくらいかかりますか?
A7 当センターの精神科デイケア事業は精神科医療デイケアとして行いますので、保険診療上の所定の料金が発生します。各種健康保険、生活保護、自立支援医療がご利用いただけます。
  自立支援医療制度を利用しない場合は3割負担(デイ・ケア料2470円もしくはショート・ケア料1,270円)、利用する場合は1割負担(デイ・ケア料820円もしくはショート・ケア料420円)となります。
  労災については当センターが指定医療機関ではないため、個別にご相談となります。

Q8 プログラムについて教えてください。
A8 当センターの精神科デイケアでは、就労や復職あるいは復学・就学などの一人一人の目的に応じた社会参加を達成するためのプログラムを実施しています。共通した目標は以下の通りです。
(1)規則正しい生活習慣を定着させ、遅刻せず通所する
  (2)自ら疾病や障害を受容し、有効な対策を身に付ける
  (3)プログラムや利用者間の交流によって適応的な対人関係を身に付ける
  (4)適応的に意見を述べたり、相手の意見を受け入れることができる
  (5)自信を回復し、一人一人の力に応じた就労や就学を目指す
センターのプログラムは1週間すべてのプログラムに参加いただくことで、上記の目標がより効果的に達成できるよう組み立てられています。プログラムは利用のコースによって決められたものがあるわけではなく、ご本人の症状に合わせて必要なプログラムを選択し、1週間の予定を決めます。このため一部のプログラムのみを選んでご参加いただくことはできません。プログラムの詳細については利用開始後お伝えします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 中部総合精神保健福祉センタ- 生活訓練科 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

よくある質問

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る