このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立中部総合精神保健福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立中部総合精神保健福祉センター の中の 情報ルーム の中の 自殺予防コーナー の中の こころの不調に気づこう のページです。

本文ここから

こころの不調に気づこう

自分の死について考えることは多くの人々にとって必ずしも稀ではありません。しかし、それを実行に移す人は多くはありません。自分の死は、単に自己決定の問題であり、他人の関与すべき問題ではないとお考えかもしれません。しかし、死を選んだ人の9割以上の人々は、直前にうつ病などこころの病気を抱えていることが多いといわれています。それらの病気の多くは、現代医学では治療可能な場合もあります。

次のサインがいくつか重なってみられるようになったら是非、相談機関や医療機関にご相談下さい。

  • 感情が不安定になる。
  • 不機嫌になり、些細なことで怒りやイライラを覚える。
  • 深刻な絶望感に襲われる。
  • 性格が急に変わったように見える。
  • 投げやりな態度が目立つ。
  • 身なりに構わなくなる。
  • これまでに関心があったことに対しても興味がなくなる。
  • 仕事の業績が急に落ちる。欠勤がちになる。
  • 仕事の上で大きな失敗をする。
  • 重要な人間関係を失う。
  • 注意が集中できなくなる。
  • 交際を避け引きごもりがちになる。
  • 攻撃的・衝動的な行動が認められる。
  • 激しい口論や喧嘩をする。
  • 過度に危険な行為に及ぶ。
  • 極端に食欲がなくなる。
  • 不眠がちになる。
  • さまざまな身体的不調を訴える。
  • 実際に重症の身体疾患にかかる。
  • 突然、失踪する。
  • アルコールや薬物を乱用する。
  • 無謀なギャンブルや株式投資をする。
  • 性欲が減退する。あるいは、時に過度の性行為に走る。
  • 大切にしていたものを誰かにあげてしまう。
  • 別れをほのめかす。
  • これまでの抑うつ的な態度と違って、不自然なほどに明るく振舞う。
  • 自殺をほのめかす。
  • 遺書を用意する。
  • 自殺の計画を立てる。手段を用意する。
  • 自殺する予定の場所を下見する。
  • 実際に自殺未遂に及ぶ。

相談機関

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京いのちの電話 

電話 03-3264-4343 (24時間) 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。いのちの電話インターネット相談

★聴覚・言語障がい者用ファクシミリ相談 03-3264-8899

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京多摩いのちの電話  

電話 042-327-4343(午前10時から午後9時まで)
第3金曜日・土曜日は午後9時から翌日午前10時

精神保健福祉相談

東京都立中部総合精神保健福祉センター 

電話 03-3302-7711 平日午前9時から午後5時

東京都立多摩総合精神保健福祉センター 

電話 042-371-5560 平日午前9時から午後5時

東京都立精神保健福祉センター

電話 03-3842-0946 平日午前9時から午後5時

東京都夜間こころの電話相談

電話 03-5155-5028 午後5時から午後10時 (受付は午後9時30分まで)

医療機関

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ひまわり東京都医療機関案内サービス

お問い合わせ

このページの担当は 中部総合精神保健福祉センター 広報援助課 広報研修担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る