このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立中部総合精神保健福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立中部総合精神保健福祉センター の中の 精神科デイケア の中の 各コースのご案内 の中の ASAPリターンワークコース のページです。

本文ここから

ASAPリターンワークコース

知的な遅れはない広汎性発達障害の方を対象とした、復職するための専門のコースです。
職場で求められるコミュニケーションのスキルアップを目指します。年齢制限はありません。

ASAPリターンワークコース
曜日 午前  午後 
月曜日 オフィースワーク スポーツ
個別作業
火曜日 オフィースワーク
個別作業
DBTR
キャリアアップセミナー
ASAP-CBT(必要に応じて)
水曜日 オフィースワーク 休み
木曜日 オフィースワーク
共働作業
ASAP-CBT(必要に応じて)
グループミーティング
アドバンストオフィスワーク
金曜日 オフィースワーク
ビジネスコミュニケーション
復職SST(社会生活技能訓練)
Aリターン

ご本人の障害特性と目標にあわせて、担当者と相談の上、参加プログラムを決めます。
・オフィースワーク:個別の状況に応じた課題を行います。(脳トレーニング・各種の資格試験など)
・スポーツ:就労の継続に大切な体力や協調性を養います。
・共働作業:木工作業で協調性を養います。
・個別作業:正確性やスピード、集中力を養います。
・DBTR:職場に適応するための方法を具体的な体験や練習を通して見つけていきます。
・ビジネスコミュニケション:基本的なビジネスマナーや職場、同僚、上司とのやり取りについて、ロールプレイを交えて学びます。
・Aリターン:講義や実技により就労に必要な知識と技能を習得します。
・アドバンストオフィスワーク:集中力・持続力を養って実践にそなえます。計算問題や文章門題に取り組んだり、プレゼンテーションを行ったりします。
・キャリアアップセミナー:病気について学ぶ、ストレスマネージメント、キャリアの振り返りなどをします。
・ASAP-CBT:自分なりの社会との関り方を身につけ、「自分」が理解できることを目指します。
・グループミーティング:病気・仕事・生活に関するテーマについて話し合います。
・復職SST(社会生活技能訓練):産業医、健康管理部門職員、人事課職員などとの対人関係の築き方や職場での対応、面接の受け方などをロールプレイや問題解決法を用いて習得します。

お問い合わせ

このページの担当は 中部総合精神保健福祉センタ- 生活訓練科 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る