このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都動物愛護相談センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都動物愛護相談センター の中の 犬・猫等の譲渡事業 のページです。

本文ここから

犬・猫等の譲渡事業

動物愛護相談センターでは、動物愛護の観点から、また、地域で模範的な飼い主になっていただくため、当センターに収容された犬・猫等の譲渡事業をしています。

譲渡を受けるための条件

  • 当センター主催の譲渡事前講習会を受講している(かた)
  • 原則、東京都にお住まいで、20歳以上60歳以下の(かた)
  • 現在、犬や猫を飼育していない(かた)
  • 家族に動物によるアレルギーの心配の無い(かた)
  • 飼うことを家族全員が賛成している(かた)
  • 最期まで責任をもって飼いつづけることができる(かた)
  • 経済的・時間的に余裕がある(かた)
  • 動物に不妊去勢手術による繁殖制限措置を確実に実施できる(かた)
  • 集合住宅又は賃貸住宅の場合は規約等で動物の飼育が許されている(かた)

詳しくは譲渡をご希望の方へをご覧下さい。

譲渡の方法

イラスト 子犬

1 譲渡事前講習会の申し込み

詳細は譲渡事前講習会をご確認下さい。
申し込みの際に、上記条件の確認をさせていただきます。

2 譲渡事前講習会の受講

譲渡事前講習会を受けた(かた)を当センターの譲渡対象者として登録します。

3 譲渡と譲渡時講習会の受講

譲渡対象者として登録された(かた)に譲渡をいたします。
同時に譲渡時講習会を受けていただきます。


子犬をご希望の方へ

当センターで譲渡できる子犬は極めて少ない状況です。また、子犬がいた場合でも、ほとんどが雑種です。
予めご了承のうえお問い合わせください。

犬の登録と毎年度1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る