このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症

病原体

コリネバクテリウム・ウルセランス

関係する動物

犬、猫、牛等の家畜

感染経路

動物との接触、飛沫により感染する。

動物の症状

くしゃみ、鼻水、目やに等の風邪のような症状や皮膚に化膿を起こすことがある。

人の症状

初期は、発熱や鼻汁等、風邪と区別がつかないことがある。その後、咽頭痛や咳が始まり、扁桃や咽頭などに偽膜が形成される。皮膚に膿瘍を起こすこともある。

犬の登録と毎年度1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です

お問い合わせ

このページの担当は 動物愛護相談センター 業務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。