このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

細菌性赤痢

病原体

赤痢菌(シゲラ)

関係する動物

サル(特に輸入されたもの)

感染経路

発症又は保菌している人やサルや人のフンの中の菌が経口感染(けいこうかんせん)する。

動物の症状

発熱、下痢及び粘血便(ねんけつべん)を伴う急性大腸炎がみられる。

人の症状

動物と同じ症状を示す。

予防法

  • 飼っているサルの下痢に注意する。
  • インドや東南アジア等で野生サルと接触した人等の発症例が多い。

犬の登録と毎年度1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です

お問い合わせ

このページの担当は 動物愛護相談センター 業務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。