このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都動物愛護相談センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都動物愛護相談センター の中の 人と動物との共通感染症 の中の 動物による事故 のページです。

本文ここから

動物による事故

飼っている動物が人に危害を加えたら

飼い主の義務です。必ず実行してください。

(1) 被害者の救護と再発防止措置を行う。

(2) 24時間以内に事故発生届出書を提出する。

事故が起こった場所によって提出先が異なりますので以下の表をご覧ください。

事故発生届の提出先
お住まいの地域 提出先・連絡先・相談先
23区 最寄りの区保健所
(犬以外は、東京都動物愛護相談センター)
多摩地域
(八王子市・町田市を除く)
東京都動物愛護相談センター多摩支所
八王子市 八王子市保健所
(特定動物は、東京都動物愛護相談センター多摩支所)
町田市 町田市保健所
(特定動物は、東京都動物愛護相談センター多摩支所)
島しょ 島しょ保健所各出張所・支所

【飼い犬が人をかんでしまった場合】

48時間以内に狂犬病の疑いがないか、獣医師に検診してもらう。


( 参考 )東京都動物の愛護及び管理に関する条例
第29条 飼い主は、その飼養し、又は保管する動物が人の生命又は身体に危害を加えたときは、適切な応急処置及び新たな事故の発生を防止する措置をとるとともに、その事故及びその後の措置について、事故発生の時から24時間以内に、知事に届け出なければならない。
2 犬の飼い主は、その犬が人をかんだときは、事故発生の時から48時間以内に、その犬の狂犬病の疑いの有無について獣医師に検診させなければならない。

動物に危害を加えられたら

事故が起こった場所によって、上記表の相談先にご連絡ください。

【犬にかまれたら】

  • 狂犬病は恐ろしい病気ですが、現在発生のない国内での事故では、犬の検診をすれば心配はありません。
  • 飼い主がわかっている場合は、飼い主の責任で、犬を獣医師に検診してもらいます。
  • 飼い主がわからない場合は、動物愛護相談センターに通報してください。センターで犬を収容して、狂犬病の検診を行います。

犬の登録と毎年度1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 動物愛護相談センター 業務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る