このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

老年看護学

老年看護学は、高齢者を理解し、加齢と健康障害に対しての看護について学習する看護学です。

老年看護学講義内容

老年看護学の授業概要
  主に学ぶ内容 時間
老年看護学概論 加齢に伴う変化・高齢社会の課題 30
高齢者の日常生活援助技術 加齢変化を考慮した日常生活援助 30
高齢者の健康障害時の看護 高齢者に多い疾患の看護 30
高齢者の看護過程 高齢者の看護・事例展開 15

老年看護学校内実習

 校内実習では、高齢者を理解するために、高齢者体験を行います。擬似体験セットをつけて、不自由なことが普段の生活にどのように影響するかを、実感して学びます。

 また、臨地実習(病院などでの実習)で高齢者の身の回りのお世話をさせていただくために、体位変換、車椅子の移動、歩行介助、排泄の援助などを勉強します。

車椅子への移乗
車椅子への移動を介助する練習をします。

オムツ交換や着替えの援助を学生同士で実施。
オムツ交換や着替えを介助する練習をします。

 先生によるデモンストレーション(手本)を見ます。その後、学生同士で患者・看護師役をして、一人ずつ実施をして基本を学びます。

 患者役を通して、患者様の気持ちになり心地よい援助ができるように、練習を重ねて技術を身につけます。

老年看護学の臨地実習はこちら

お問い合わせ

このページの担当は 荏原看護専門学校 教務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。