このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立府中看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立府中看護専門学校 の中の 本校の教育 の中の 教育方針 のページです。

本文ここから

教育方針

教育理念

東京都立看護専門学校の1校である当校は、都民の健康の担い手として都内にある保健・医療・福祉施設や地域において活躍できる、質の高い看護師を育成することを責務としている。
 生命の尊厳と高い倫理観を基盤とした豊かな人間性を養い、看護の対象である人間に対する深い理解と共感を持つことのできる専門職業人を育成する。科学的根拠に基づいた知識・技術を用い、対象にとって最適な健康状態を目指し、支援できる基礎的な看護実践能力を育成していく。
生涯にわたって、自己啓発に努め、看護学及び保健医療福祉の発展に貢献できる能力を養う。

教育目的

看護師として必要な知識及び技術を教授し、社会に貢献しうる有能な人材を育成する。

教育目標

1 生命の尊厳と高い倫理観に基づいた豊かな人間性を養う。
2 人間を総合的にとらえ、生活者として理解し、良好な人間関係が築ける能力を養う。
3 人々の健康上の課題を解決するために、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
4 保健・医療・福祉における看護職の役割を認識し、チームの一員として他職種と協働できる能力を養う。
5 看護への探究心をもち、専門職業人として学習し続ける能力を養う。

教育方針

1 学生の自主性と創造性を尊重し、自ら判断し行動できるよう支援する。
2 講師陣や実習施設との連携を密にし、継続的な学習ができるよう支援する。
3 近隣の保健・医療・福祉機関と連携し、教育資源の活用を図り、地域に根ざした教育実践を重視する。

卒業生像

1 生命を尊び、人間をあるがままに理解し、尊重できる。
2 人間の喜び、悲しみ、苦しみを感じ取り、良好な人間関係が築ける。
3 人間の健康状態や生活に対する反応を読みとり、必要な看護が判断できる。
4 専門的知識・技術を用いて、科学的根拠に基づき安全・安楽な看護行為を実践できる。
5 保健医療福祉チームの中で、看護師として責任ある行動が取れる。
6 探究心を持ち、自ら学ぶ姿勢を持ち続け、専門職業人として成長していける。

お問い合わせ

このページの担当は 府中看護専門学校 教務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る