このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立府中療育センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立府中療育センター の中の 各科の紹介 の中の 看護科の紹介 のページです。

本文ここから

看護科の紹介

一人ひとりの息づかい、ぬくもりを感じながらていねいに行う看護はとてもやりがいがあります

一人ひとりの息づかい、ぬくもりを感じながらていねいに行う看護はとてもやりがいがあります。

1 看護科理念

重症心身障害児・者へ、総合的療育サービスを提供する中核的施設(公的医療機関)としての役割を理解し、センター職員が協力して利用者様が幸せな生活を送れるよう、安全でやさしく、思いやりのある質の高い療育(看護)サービスを提供する。

2 院内教育

卒後教育の一環として、看護科職員として専門的知識・技術の実践能力の向上を図り、重症心身障害児・者に提供する療育の質を保証することを目的に院内教育を行っています。

一人ひとりのキャリアアップを支援しています。

3 重症心身障害プロフェッショナルナース育成研修

この研修は、重症心身障害の看護分野において、専門的な知識・技術を理論的に探究し、質の高い看護実践活動と指導的役割を果たす人材を育成するために、東京都が全国に先駆けて平成21年度に立ち上げた総合的専門研修です。研修修了者は「日本重症心身障害福祉協会」の認定審査により「日本重症心身障害福祉協会認定重症心身障害看護師」として認定されます。センターでは平成26年5月現在、15名の協会認定看護師が現場実践の指導者、院内研修講師として活躍しています。

平成26年度「日本重症心身障害福祉協会協会認定重症心身障害看護師」認定書授与式

平成26年度「日本重症心身障害福祉協会協会認定重症心身障害看護師」認定書授与式

4 新人看護職員臨床研修

平成20年度より新人看護師臨床研修制度を導入しています
目的 
1.当センターの組織の一員として運営方針・看護科の役割について理解し、職場への円滑な適応が図れるよう支援します
2.社会人としての自覚を持ち専門職業人として必要な基本姿勢と態度が身につくよう支援します
3.臨床に求められる看護の基礎的知識・技術を習得するよう支援します
4.リアリティショックの軽減を図ります

6か月間の臨床研修が修了し、これからも頑張っていきます!と新人たちは晴れ晴れな表情をしています

6か月間の臨床研修が修了し、「これからも頑張っていきます!」と新人たちは晴れ晴れな表情をしています。

5 病棟紹介(病棟は生活病棟・医療病棟があります)

生活病棟は、看護師と保育士が協力し個別性を大切にした生活活動全般へのサービスを提供しています。リハビリ訓練や情緒面を豊かにするためのグループ活動、個別活動に力を入れ、拡大散歩や買い物、リラクゼーション入浴を取り入れるなどしています。

医療病棟は、呼吸管理・栄養管理をはじめとした高度医療への対応をはじめ、生活活動全般にいたるまでの幅広い看護を提供しています。
利用者・ご家族に安心して楽しく、ご利用いただけるよう、利用者中心の看護(療育)を心がけています。

6 施設見学に来ませんか!

オンリーワンの命を輝かせているセンターに見学にいらっしゃいませんか!

府中療育センターでは随時(土、日、祝日を除く)見学対応しています。
見学希望の方は下記へご連絡をお待ちしています。
ただし、当日風邪症状のある方は、病棟見学はできません。
ご注意ください。

東京都立府中療育センター看護科  担当 服部、名古屋
電話番号 042-323-5115 内線5210・5258

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 府中療育センター 事務室 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る