このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立府中療育センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立府中療育センター の中の 施設概要 の中の 院長あいさつ のページです。

本文ここから

院長あいさつ

府中療育センターへようこそ

 当センターは昭和43年(1968年)4月に開設し、来たる平成30年4月には50周年を迎えます。主に重度の知的障害と重度の身体障害を併せ持った重度心身障碍児・者の療育と医療サービスを提供しています。中でも医療ケアと手厚い看護を要する超重症・準超重症児・者が多く入所し、医師、看護師をはじめ、コメディカルスタッフ、リハビリテーションスタッフ、保育士、児童指導員、心理指導員、栄養士等が協力して医療・療育にあたっています。
 一方、近年の医療の進歩や福祉的処遇の充実に伴い、重症心身障害児・者の在宅ケアがある程度可能となってきており、在宅支援事業として、平成15年より短期入所(ショートステイ)や通所事業も積極的に行ってまいりました。
当センターは多摩メディカルキャンパス内にあり、近隣に多摩総合医療センター、小児総合医療センター、神経病院が稼働しており緊密に協力しています。そのため当センターの入所者が迅速に各病院の診療を受けることも可能です。さらに、小児総合医療センターから在宅療養になる児のブリッジとしての入所も事業として行っています。
 さて、施設の老朽化に伴い、平成23年6月に全面改築に向けた基本計画が策定されました。この計画に基づき旧府中病院跡地に多摩療育園と一体となって、医療型児童発達支援センター及び外来機能を併せ持つ総合的療育センターを整備することとなり、平成29年3月に着工いたしました。
 これからも、ご家族の皆様や、関係者の方々のご支援を賜りながら、職員一同、一丸となって、質の高い療育・医療サービスを提供し、利用者の一人ひとりがその人らしく輝いていただける府中療育センターとなるよう努力していきます。よろしくお願いいたします。

府中療育センター院長 大島 哲

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る