このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立広尾看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立広尾看護専門学校 の中の 校長あいさつ のページです。

本文ここから

校長あいさつ

広尾看護専門学校で看護の感動や奥深さを味わいませんか


 多くの看護系大学や専門学校がある中で、本校のHPを開いていただき、ありがとうございます。
 本校は、都立看護専門学校の中でも、最も長い歴史と伝統を持ち、これまでに3808名の卒業生を送り出しました。
 「看護」は、人の生老病死に携わる仕事です。赤ちゃんが生まれる瞬間の心が震えるような感動…、ご家族に見守られながら人生に幕を降ろす患者さまの最期の瞬間…。普通、身内以外の人は立ち会えないような大切な時を共有させていただきながら、看護学生は成長していきます。そんな尊い職業に就くための学習は、内容も盛り沢山ですし、つらいこともあります。でも、卒業生は「3年間、大変だったけど充実していた。看護師をめざしてよかった」と言います。
 あなたが「看護師」に興味をもたれた理由は何ですか?「自分の入院経験から」「家族や知り合いに看護師がいるから」「テレビで看護の番組を見て」「一生働ける仕事を身につけようと思って」などなど…様々だと思います。本校の学生も動機は様々ですが「看護師になる」という共通の目標に向かって、互いに刺激し合い、助け合いながら学んでいます。
 私ども、教職員は全力でサポートします。是非、広尾看護専門学校で一緒に学び、看護の感動や奥深さを味わいませんか。
 お待ちしています。

                                        校長  中山 富子

お問い合わせ

このページの担当は 広尾看護専門学校 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る