このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

校長あいさつ

広尾看護専門学校で「共に」学びましょう!


 多くの看護系大学や専門学校がある中で、本校のHPを開いていただき、ありがとうございます。
 本校は、都立看護専門学校の中でも最も長い歴史と伝統を持ち、これまでに4098名の卒業生を送り出しました。卒業生は様々な医療現場で活躍されております。
 人はかけがえのない命をもっています。「看護」は、その人がこの世に生まれ、輝いて生きていられるように、そのひとらしく生活できるように支援する責任の重い、そしてやりがいのある仕事です。
 当校の校章は初代の学生が考えたもので、外側を形作る丸みを帯びた三角は、看護の「知識」と「技術」と「心」を表しています。この3つがバランスよく学べる学校であると自負しております。
 当校の強みは、長い歴史と伝統があり、実習施設が整っていることです。看護専門学校では、学習形態が講義・校内実習・臨地実習といろいろですが、3年間の学習の内3分の1が実習です。それは、体験してみなければわからない、身につかないことが多いからです。
 隣接する都立広尾病院をはじめとしたさまざまな実習施設で、豊かな経験を持つ教員や臨地実習指導者の支援によって、看護を学べる環境が整っています。病院と連携した災害救助訓練等に取り組み、災害看護に力を入れています。また、異文化看護にも取り組んでいます。
 様々な人との出会いを通して、人間として自ら成長させることができる看護職を是非当校で目指しませんか。皆さんのご入学を心よりお持ちしています。

                                  校長 水澤 晴代

お問い合わせ

このページの担当は 広尾看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。