このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

学生の1日

科目数の多い看護学生の授業は、高校・大学とは違い毎日変わります。
時間割は毎月発表され、それを見てスケジュールを調整します。
授業がびっしり決まっている忙しい月や、自己学習のための空き時間がある月など、その月々によって学生の生活は変わります。
ここでは1年生の6月第3週の時間割と1日の流れを紹介します。

1年生の6月第3週の時間割

1年Bクラス 6月16日(水曜日)の場合

1限目は学内実習なので、いつもより早めに来てユニフォームに着替え、4階の実習室に向かいます。
普段は授業開始10分前に教室で出席確認が行われます。


・1限目(午前8時50分から午前10時30分まで)
「看護の基本3 無菌操作」
患者さんの傷口を不潔にしないように気をつけながら鑷子(せっし=ピンセット)で消毒しました。不潔にならないようにと緊張して手がプルプル震えました。

・2限目(午前10時40分から午後12時20分まで)
「形態機能学1 生命のしくみ」
心臓の構造や働き、血液の流れ方、そして、心電図について学びました。
しっかり理解して、実習で生かせるようにしたいな。

・3限目(午後1時5分から午後2時45分まで)
「感染症と微生物」
消毒液とワクチンについて学習しました。
病院でもよく使われるし、国家試験にも出るところなので、しっかり覚えなきゃ!

・4限目(午後2時55分から午後4時35分まで)
「成人看護学概論」
青年期、壮年期、向老期の健康問題や心理的・社会的特徴について、グループワークでまとめたことを発表しました。
グループワークは割と多いのですが、様々な意見を聞くことができ、とてもためになります。

お問い合わせ

このページの担当は 広尾看護専門学校 教務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。