このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

学校運営評価結果

 当校では毎年、職員による学校運営評価を実施し、その評価結果からさらに充実した学校運営を図る検討を行っております。
 平成30年度に実施した評価結果をご覧ください。

平成30年度 広尾看護専門学校 学校運営評価結果について

評価項目と評価点
評価項目 1 学校経営 2 教育課程・活動 3 入学・卒業対策 4 学生生活支援 5 管理運営・財政 6 施設設備 7 教職員育成 8 広報・地域  9 独自項目※
平成30年度 3.7 3.9 4.0 3.8 3.7 3.1 3.8 3.8 4.0

グラフ 平成30年度学校運営評価結果

1 学校運営評価
○ 都立看護専門学校(7校)では、自己改革と教育の質の向上を目指して、学校運営、教育全般について毎年度評価を行い、学校運営の改善に努めています。本校では、中間評価(10月)と最終評価(2月)、合わせて年2回、教職員全員で評価を行っています。
2 評価方法と結果
○ 学校運営評価は、9分野43項目について、5「よい」、4「ややよい」、3「普通」、2「やや不十分」、1「不十分」の5段階で評価を行います。平成30年度の結果は上記の表及び図のとおりです。
・「教育課程・活動」については、特に『臨地実習での患者さんへの倫理的配慮』が評価されました。これは、患者さんの尊厳を大切にする教育と、学生の倫理観に基づく言動との両面が評価されたものです。
・「入学・卒業対策」については、国家試験対策への評価が高く、平成31年2月17日に実施された第108回看護師国家試験の合格率は100%です。
・「施設設備」については、築49年の校舎の老朽化が進み、バリアフリー化が難しい面がありますが、平成30年度は耐震診断に基づく大規模な耐震補強工事を行い、安全性の強化を図りました。
・学校ごとの「独自項目※(本校は広尾病院との連携)」については、病院が実施する総合防災訓練・トリアージシミュレーションへの参加や、クリスマスコンサートの共同開催、院内における学生のボランティア活動等の取り組みが評価されました。

お問い合わせ

このページの担当は 広尾看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。