ナビゲーションを飛ばして本文を読む

子供の発熱シーン1

 子供が夕方、急に発熱

シーン2シーン3シーン4シーン5
子供が夕方、急に発熱

1週間ほど前に、風邪にかかったKちゃんですが、元気になって今日は久し振りの公園です。歩き始めたばかりですべてに興味津々、元気よく探検していました。

でも、夕方になると様子が変です。何となく不機嫌で、顔がいつもより赤みを増し、熱をはかると39度ありました。「風邪がぶり返したのかしら。こんな時間にどうしたらいいの?」……

このページの先頭へ

夜間の受診、どうしたらいいの?

救急車を呼ぶほどではないけれど、夜間の急な病気やケガのときも、夜間に急な病気になったときに対応してもらえるかかりつけ医をもっていると安心です。また、以下の医療機関案内サービスや電話相談を利用することができます。

夜間の急な病気やケガ お医者さんが見つからない!!

「休日夜間急患センター」「準夜診療を行う医療機関」を探して電話
区市町村の広報誌、東京都医療機関案内サービス「ひまわり」などのホームページでチェック

「医療機関案内サービス・ひまわり」に電話・アクセス
03-5272-0303(毎日24時間)
ホームページ「東京都医療機関案内サービス『ひまわり』」

東京消防庁救急相談センター(毎日24時間)
プッシュ回線、携帯電話、PHSからは
#7119
ダイヤル回線からは
23区内:03-3212-2323
多摩地区:042-521-2323

・東京消防庁ホームページ「救急相談センター」
・東京消防庁ホームページ「救急病院案内」

休日、時間外の外来においては、より重症で緊急性の高い患者を優先して診ていることから、待ち時間が長かったり、専門外の医師の診察になる場合もあるなど、必要最低限の診療を行っています。十分な診察、検査、投薬を受けるためにも、緊急性のない場合には、可能な限り平日日中の外来を受診するようにしましょう。

相談やアドバイス

「子供の健康相談室」(小児救急相談)へ電話
#8000→プッシュ回線の固定電話・携帯電話
03-5285-8898→ダイヤル回線・IP電話等すべての電話

月曜日〜金曜日(休日・年末年始を除く)→18:00〜23:00
土曜・日曜日、休日、年末年始→9:00〜23:00

東京都福祉保健局ホームページ「子供の健康相談室(小児救急相談)」

小さな子供が2人以上いるときは……
 1人が急病になったとき、兄弟姉妹の世話が心配です。家族や親族、友人など頼める人がいない場合は、前もって「あずける」方法をつくっておきましょう。
 区市町村の子供家庭支援センター、保育所・幼稚園・託児所、ベビーシッターサービスなどの情報を集めておきましょう。

このページの先頭へ

救急車の呼び方は?

緊急と思ったら119番にかけ、救急車を呼んでください。そのときに、主に次のことを聞かれますので、あらかじめ確認しておきましょう。

  1. 「火事ですか、救急ですか?」
  2. 「どうしましたか?」
  3. 「住所(所在地)を教えてください」「何か目標(目印)はありますか?」

★注意事項★スマートフォン・携帯電話などでかけるとき

  • 所在地、目標となる建物などの確認
  • 病気やケガの状態
  • スマートフォン等使用の旨を伝える
  • 電話番号はすぐに言えるように
  • 電波が途切れないように立ち止まって話す
  • 通報後10分程度、電源を切らないこと (消防署などから連絡が入る場合がある)

救急車を呼んだほうがよいか迷ったときの相談

迷ったら「#7119」にお電話を!

 「東京消防庁救急相談センター」では、医師・看護師・救急隊経験者等の相談医療チームが24時間体制で適切なアドバイスを行っています。急な病気やケガの際に迷ったときなどに利用しましょう。

迷ったら…

  • 病院に行くべきか迷っている
  • 救急車を呼ぶべきか迷っている
  • 救急医療機関が見つからない など

●電話番号(プッシュ回線・携帯電話・PHS の場合)
#7119(24時間・365日受付)

●ダイヤル回線やつながらない地域の場合
23 区 03-3212-2323
多摩地区 042-521-2323

#7119に相談した結果

  • 緊急の場合は、救急相談センターから119に転送します。
  • 緊急性がない場合は、救急医療機関案内をします。
  • 必要に応じて応急手当の方法をアドバイスします。

救急車を本当に必要とする人のために、救急車の適切な利用にご協力ください。

民間救急(患者等搬送事業者)の搬送サービス

民間会社の有料搬送サービス。

救急車を呼ぶほどでもないが医療機関に連れて行きたいとき、退院・通院・転院のときなどに利用できます。
東京民間救急コールセンター
電話(ナビダイヤル)
0570-039-099または、
03-3262-0039(ナビダイヤルにつながらない場合)

公益財団法人東京防災救急協会ホームページ「東京民間救急コールセンター」

このページの先頭へ

「東京都こども医療ガイド」を大いに活用

小さな子供の病気・ケガへの対処法などを知ることができるホームページです。
主な内容は、下記のとおりです。

  1. 症状別・病気別の基礎知識
  2. 事故やケガの対処法
  3. 子育て情報

このホームページは緊急時ではなく、少し気がかりな点があるときや、また日頃の余裕のある時間に、子供の病気やケア、育児の勉強の一環として活用してください。

東京都こども医療ガイド東京都こども医療ガイド QRコード

このページの先頭へ

© 2008 TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT ALL RIGHTS RESERVED.