このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

病床機能報告

地域医療構想の策定にあたり、地域の医療機関が担っている医療機能の現状把握、分析を行う必要があります。
 そのために必要なデータを収集するため、医療機関がその有する病床(一般病床及び療養病床)において担っている医療機能を自ら選択し、病棟単位を基本として都道府県に報告する仕組みが導入されました。
 また、医療機能の報告に加えて、その病棟にどのような設備があるのか、どのような医療スタッフが配置されているのか、どのような医療行為が行われているのか、についても報告することとされています。
 なお、病床機能報告の対象となるのは、一般病床又は療養病床を有する病院又は診療所です。

病床機能報告の結果

 医療法第30条の13第4項の規定に基づき、東京都における病床機能報告の結果を公表します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。病床機能報告(結果)

お知らせ

本文ここまで


以下 奥付けです。