このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

東京都緩和ケア連携手帳~わたしのカルテ~

 東京都では、がん診療連携拠点病院等における緩和ケアに関する治療が、在宅診療でも継続して実施できる体制を整備するため、「東京都緩和ケア連携手帳」の運用を開始しました。
 この「東京都緩和ケア連携手帳」は、東京都がん診療連携協議会・クリティカルパス部会において、緩和ケア委員会を設置し、作成されたものです。

東京都緩和ケア連携手帳とは

 がんの診断や治療を行った病院と、在宅医、歯科医師、薬剤師、訪問看護師、その他の医療・介護スタッフが、患者さんの大切な情報を共有して、緩和ケアに関するスムーズな連携が取れるようにするための手帳です。
 なお、この手帳は、診療録や紹介状などの代わりになるものではありません。医療機関間の情報提供はこれまでどおり、原則「診療情報提供書」等となります。 

手帳を使うことの利点

● 患者さんは、この手帳を記入していくことで、ご自身の大切にしたいことや、療養の状況を確認することができます。

● 医療・介護スタッフは、コメントなどを記入することや患者さんが書いた内容から、患者さんがどのように理解し、考えているのかを確認していくことができます。

手帳のダウンロード

東京都緩和ケア連携手帳(本体)

東京都緩和ケア連携手帳(「5 療養連絡日記」追加用)

東京都緩和ケア連携手帳(「6 通信欄(スタッフ間連絡用)」追加用)

医療・介護関係者のみなさまへ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 がん対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。