このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会

平成28年12月にがん対策基本法(平成18年法律第98号)が改正され、新たに同法第17条において、国及び地方公共団体は、「がん患者の状況に応じて緩和ケアが診断の時から適切に提供されるようにすること」、「医療従事者に対するがん患者の療養生活の質の維持向上に関する研修の機会を確保することのために必要
な施策を講ずる」ことが規定されました。
こうしたことから、国が定める「がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会の開催指針」(平成29年12月1日付健発1201第2号厚生労働省健康局長通知の別添。)に基づき、がん診療連携拠点病院等で
統一的なプログラムによる研修会を実施しています。
 都では、「東京都がん対策推進計画(第二次改定)」において、都内の全てのがん診療連携拠点病院及び
東京都がん診療連携拠点病院で、「がん診療において、がん患者の主治医や担当医となる者の緩和ケア研修
会受講率が90%を超える」ことを指標の一つに掲げるとともに、研修会を開催する医療機関の支援を行っています。

1 医師等緩和ケア研修会の概要

従来は、2日間で12時間以上の講義及びワークショップを行う形式の研修でしたが、平成30年度からプログラムが新たになり、講義部分をe-learningでの事前学習とし、ワークショップ部分を5時間30分以上の集合研修で行う形式へ変更となりました。
研修内容は、がん性疼痛治療法、身体症状に関する緩和ケア、精神症状に関する緩和ケア、コミュニケーション技術、グリーフケア等を含む内容となっております。詳細は、下記ファイルをご覧ください。
研修会を修了された方には、厚生労働省健康局長及び研修会主催者の連名による修了証書が交付されます。

※平成30年度中は、移行期間と位置付けられており、都内の各医療機関は新旧どちらの形式でも研修会を開催することができます。各研修会の開催形式については、《2 平成30年度医師等緩和ケア研修会年間実施スケジュール》をご覧ください。

1-1 e-learning がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会

《厚生労働省 がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会 e-learningサイト》

※e-learningに関するお問い合わせは、直接管理責任者の特定非営利活動法人 日本緩和医療学会に
お問い合わせください。

2 平成30年度 医師等緩和ケア研修会年間実施スケジュール

 がん診療連携拠点病院及び東京都がん診療連携拠点病院等で実施する平成30年度の医師等緩和ケア研修会のスケジュールは下記ファイルのとおりです。

新・開催指針

※研修の申込み等に関するお問い合わせは、直接各医療機関にお問い合わせください。

旧・開催指針

※研修の申込み等に関するお問い合わせは、直接各医療機関にお問い合わせください。

平成30年度 問合せ一覧

3 これまでの都内における医師緩和ケア研修会の開催状況

4 都内における医師緩和ケア研修会の修了者名簿

5 指導者研修会修了者等リスト

指導者研修会修了者等リスト

6 参考

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会開催の手引き

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本緩和医療学会(PEACEプロジェクト)ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 がん対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

研修会・講演会・イベントに参加する

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。