このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

第3回がんの療養と緩和ケアを学ぶ市民講座 ~働きながらがんと向き合う~

行事の概要

行事の概要 [主催(3団体共催):国立病院機構東京医療センター、日本赤十字社医療センター、公立学校共済組合関東中央病院]

 東京医療センター、日赤医療センター、関東中央病院共催で開催する市民講座です。
 2人に1人が「がん」に罹患する時代において、がんの診断時から積極的に緩和ケアを取り入れることが、「がんとの共生」を図るうえで重要となってきます。その一方で「緩和ケア=終末期医療」というイメージが根強く残っているのも事実です。本市民講座により、緩和ケアに対する理解を深めていただき、緩和ケアを身近なものと感じていただければ幸いです。
開催プログラム 突然、「がん」と言われたら・・・
仕事・生活・治療について考えてみませんか?

講演1:
「就労とがんの療養」
 自身のがん、親のがんと向き合う
  講師:砂川 未夏
(日本キャリア開発協会 キャリアコンサルタント)
講演2:
「仕事と介護の両立」
 働きながら介護をするコツ
 講師:関根 光枝
(日本赤十字広尾訪問看護ステーション 家族支援専門看護師)
開催日時 令和元年12月1日(日曜日)午後2時から午後4時30分まで
会場
(所在地)
国立病院機構東京医療センター 外来診療棟3階大会議室
(目黒区東が丘2-5-1)
対象者 がんと診断を受けた患者さんとその家族、ご関心のある方
参加予定数 200名
参加費 無料
申込期限/申込方法 FAXまたはインターネットにてお申し込みください。

・添付の参加申込書にご記入のうえ、FAXにてお申込みください。
(事務局:関東中央病院 緩和ケア市民講座事務局 FAX 03-3426-0326)
・インターネットの場合は下記からお申込みください。
 URL:https://forms.gle/LmXCCrh2UawAZoZ98
イベントに関する
問合せ先
お問い合わせ(平日 午前10時から午後4時まで)
・国立病院機構 東京医療センター 市民講座事務局(緩和ケア)
  TEL:03-3411-0111(代表)

・日本赤十字社医療センター がん相談支援課
TEL:03-3400-1311(代表)

・公立学校共済組合 関東中央病院 市民講座事務局
TEL:03-3429-1171(代表)
イベントHPアドレス 東京医療センターHP:http://www.ntmc.go.jp/news/contents/416.html
日赤医療センターHP:http://www.med.jrc.or.jp/hospital/clinic/tabid/131/Default.aspx#n09
関東中央病院HP:
https://www.kanto-ctr-hsp.com/info/news_20191001.html

行事のチラシ/申込書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 がん対策担当(03-5320-4389) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。