このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療・保健施策 の中の 東京都がんポータルサイト の中の がんについて知る・調べる の中の 東京都のがん対策 の中の 東京都の小児がん対策 の中の 東京都小児がん診療連携ネットワーク のページです。

本文ここから
医療・保健

東京都小児がん診療連携ネットワーク

ネットワークの目的

 都では、都内の小児がん拠点病院及び東京都小児がん診療病院による「東京都小児がん診療連携ネットワーク」を構築し、小児がんに関する下記の課題に取り組んでいきます。

小児がん拠点病院・東京都小児がん診療病院について

小児がん診療連携体制の構築

 小児がんは様々な種類からなる希少がんであり、がんの種類によって治療方法等が異なるため、医療機関ごとに専門分野が分かれております。このため、小児がん患者に対し、速やかに適切な医療を提供するためには、それぞれの医療機関の専門性を生かしつつ、相互に連携する診療体制の整備が必要です。
 また、小児がんは医療関係者の中でも十分に認知されておらず、発見が遅れてしまう場合があります。医療関係者は、患者にがんを疑う症状がみられる場合は、早期に専門の医療機関へつなげるなど、十分な理解を持って迅速に対応することが必要です。

長期フォローアップ体制の構築

 小児がん患者は、治癒後も成長障害や二次がん等の合併症を発症する可能性があります。これらに対応するために、小児がん患者の成長に合わせた長期的な経過観察等が求められています。 

普及啓発の実施

 小児がん患者が就学や就職等の社会生活を送る上で、関係者による正しい認識や支援が不可欠です。しかし、小児がんについて、社会で十分に認知されておらず、適切な支援を受けられないことが多くあります。この現状を解決するためには、都民や医療関係者、社会全体の小児がんに対する理解を深めることが必要です。

ネットワーク参画病院の一覧

小児がん拠点病院及び東京都小児がん診療病院 各ページ

小児がん拠点病院の各病院のページ

東京都小児がん診療病院の各病院のページ

東京都小児がん診療連携協議会

 都内における小児がん医療連携体制を検討・構築するため、「東京都小児がん診療連携ネットワーク参画病院」を中心とした会議体として、東京都小児がん診療連携協議会を設置・運営しております(事務局は東京都立小児総合医療センター)。
 また、必要に応じて専門部会を設置・運営しております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

東京都の小児がん対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る