このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療・保健施策 の中の 東京都のウイルス肝炎対策 のページです。

本文ここから
医療・保健

東京都のウイルス肝炎対策

「東京都肝炎対策指針」

 東京都では、ウイルス性肝炎に係る対策のさらなる推進に向け、今後の中長期的な方向性を示すものとして、東京都肝炎対策指針を策定しました。
「東京都肝炎対策指針」の詳細はこちらへ

「肝炎対策実施計画」

 東京都肝炎対策指針に基づき、平成28年度肝炎対策実施計画を策定しました。

東京都ウイルス肝炎対策協議会

 肝炎対策指針に基づく様々な取組を着実に実施していくため、東京都ウイルス肝炎対策協議会を開催しています。

第12回ウイルス肝炎対策協議会

第11回ウイルス肝炎対策協議会

肝炎ウイルス検診の充実・促進

・地域の医療機関(かかりつけ医)や保健所等で肝炎ウイルス検診を受診
「肝炎ウイルス検診」の詳細はこちらへ

ウイルス性肝炎重症化予防推進事業

詳細はこちらのリーフレットをご覧ください。

  • 初回精密検査費用助成

  平成26年4月1日以降、東京都保健所又は区市町村が実施した肝炎ウイルス検査を受け、結果が陽性であった方が対象です。
  対象者の方には、肝炎ウイルス検査の実施主体(区市町村等)からご連絡しますので、それまでお待ちください(そのため、請求書はダウンロードできません)。

  • 定期検査費用助成

  東京都肝臓専門医療機関で受けた検査が対象です。
  住民税非課税世帯に属する方が対象です。

肝炎診療ネットワーク

  • かかりつけ医や保健所が肝臓専門医療機関を紹介
  • 肝臓専門医療機関が治療方針を決定し、かかりつけ医と連携して治療を行う
  • B型・C型肝炎のインターフェロン治療等の抗ウイルス治療を行う場合は、肝臓専門医療機関の診断書を添えて区市町村窓口に医療費助成を申請

B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度

助成対象

 B型・C型のインターフェロン治療、B型肝炎の核酸アナログ製剤治療及びC型のインターフェロンフリー治療に係る保険診療費用

助成額

 各医療機関の支払いで、その月の累計額が自己負担限度額(世帯の区市町村民税(所得割)課税年額に応じて、月額10,000円、又は20,000円)を超える額(区市町村民税非課税世帯の方は医療費の自己負担額全額)

助成期間

 申請書等を提出した月の初日から1年間(ただし、C型肝炎の3剤併用療法及びインターフェロンフリー治療(ダグラタスビル及びアスナプレビル併用療法)については7か月間、インターフェロンフリー治療(ソホスブビル及びリバビリン併用療法並びにレジパスビル/ソホスブビル配合錠による治療)については4か月間)
「B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度」の詳細はこちらへ

東京都肝臓専門医療機関(平成28年6月1日)

 B型肝炎ウイルス又はC型肝炎ウイルスに感染している方が、効果的で質の高い医療を受けることができるよう、東京都肝臓専門医療機関を下記のとおり指定しました。


【東京都肝臓専門医療機関の指定申請手続等】

  • 指定要件

 日本肝臓学会肝臓専門医制度規則に基づき、一般社団法人日本肝臓学会理事長から専門医証の交付を受けた肝臓専門医又は委嘱を受けた指導医が在職する医療機関です。常勤、非常勤は問いません。

  • 指定申請等の手続きについて

 指定申請に当たっては、下記の「東京都肝臓専門医療機関指定申請書(別記第1号様式)」を御提出ください。原則、毎月25日までに東京都で収受した申請書について、翌月1日からの指定となります。
 また、必要に応じて、届出事項変更(別記第3号様式)や指定取消申請(別記4号様式)の御手続もお願いいたします。

※医療機関管理者名又は法人理事長名で、公印を押印の上、御提出ください。

※医師などの異動の際は、届出が必要となります。なお、認定期間の変更については、届出の必要はありません。

※肝臓専門医又は指導医の医師が一人も在職しなくなった場合に御提出ください。

[提出先]
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第1本庁舎23階北側
東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課(肝臓専門医療機関担当)

<参考>

・東京都肝炎診療ネットワーク事業における肝臓専門医の役割が、第3「肝臓専門医療機関の指定」に記載されています。

・東京都肝臓専門医療機関の指定要件が、第2に記載されています。

肝疾患診療連携拠点病院「肝疾患相談センター」の開設

  肝炎患者の方等の支援のため、東京都肝疾患診療連携拠点病院では、肝疾患に関する総合的な相談支援を行っています。また、ウイルス性肝炎に関する講演会や患者サロンも開催します。
○肝疾患相談センター設置場所(東京都肝疾患診療連携拠点病院内)
・国家公務員共済組合連合会虎の門病院
住所 港区虎ノ門2-2-2
電話 03-3560-7672(相談専用ダイヤル)
・武蔵野赤十字病院
住所 武蔵野市境南町1-26-1
電話 0422-32-3135(相談専用ダイヤル)

○利用時間等
  ・相談受付時間 月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)
          9時30分~16時
  ・相談内容 肝疾患に関する治療、医療費助成等
  ・相談方法 電話又は面談(面談は予約制です。まずはお電話ください。)

○詳しくはこちら
東京都肝疾患診療連携拠点病院 虎の門病院
東京都肝疾患診療連携拠点病院 武蔵野赤十字病院

調査報告書等

 平成19年度のウイルス肝炎インターフェロン治療医療費助成制度の認定患者について、治療状況等の調査を行いました。インターフェロン治療の効果、治療中断者の属性等の詳細な結果を報告します。

関連情報リンク先

厚生労働省(肝炎総合対策の推進)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター

【問い合わせ先】
○肝炎ウイルス検診の充実・促進
東京都福祉保健局保健政策部健康推進課
電話 直通03-5320-4363
○肝炎診療ネットワークの構築
○B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度
○ウイルス肝炎医療・療養相談会及び医療講演会
○調査報告書等
東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課
電話 直通03-5320-4471

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る