このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療・保健施策 の中の 東京都のウイルス肝炎対策 の中の 肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業における指定医療機関制度について(要件、申請手続等) のページです。

本文ここから

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業における指定医療機関制度について(要件、申請手続等)

 肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業では、知事の指定を受けた医療機関(指定医療機関)が行う入院医療に限り、医療費助成の対象となります。また、本事業における臨床調査個人票の作成や、入院医療記録票の記載を行うことができるのは、指定医療機関のみです。

【注意】
難病医療費助成制度における指定医療機関や、肝臓専門医療機関などとは異なる、本事業独自の指定医療機関制度です。

○ 指定医療機関の申請手続(ページ内リンク)

○ その他指定医療機関に関する手続(ページ内リンク)

指定医療機関の要件等

要件

以下の(1)から(4)の要件を満たすこと

(1)東京都内に所在地を有すること

(2)保険医療機関であること

(3)肝がん・重度肝硬変入院医療を適切に行うことができること

(4)以下の役割を行うことができること

  • 肝がん・重度肝硬変患者がいる場合、本事業についての説明及び入院医療記録票の交付を行うこと。
  • 入院医療記録票の記載を行うこと。
  • 患者から依頼があった場合には、肝がん・重度肝硬入院医療に従事している医師に臨床調査個人票等を作成させ、交付すること。
  • 本事業の対象となる肝がん・重度肝硬変入院関係医療(条件を満たすものに限る)が行われた場合、公費負担の請求医療機関として公費の請求を行うこと。
  • その他、指定医療機関として本事業に必要な対応について協力すること。

指定日

 東京都が申請書類を収受した日の属する月の初日
 ※指定に有効期間はありません。

みなし指定

  • 2020年3月31日までに知事から指定を受けた指定医療機関は、特例として指定日の1年前から指定を受けていたとみなします(みなし指定)。
  • 指定日の1年前が平成30年4月1日より前となる場合は、みなし指定日は一律で平成30年4月1日となります。
  • みなし指定期間(みなし指定日から実際の指定日の前日まで)に行った医療については、遡って入院医療記録票を記載することが可能ですが、医療費助成の対象となるのは、実際の指定日以降に行った医療のみですのでご注意ください。
  • みなし指定の詳細については、医療機関向けマニュアルをご参照ください。

医療機関向けマニュアル等

【医療機関向けマニュアル】

【臨床調査個人票及び同意書】

【入院医療記録票の記入方法】※今後、内容の追記等の可能性がありますのでご了承ください。

※入院医療記録票は、都から指定医療機関に送付いたします。

指定医療機関の申請手続

 以下の「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関指定申請書」を下記提出先まで提出してください。

【提出先及び問合せ先】
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎29階南側
東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課疾病対策担当(指定医療機関担当)

留意事項

  • 都知事により指定がされたときは、都から指定書が送付されます。
  • 指定を行った後、都は指定医療機関の名称等を厚生労働大臣に報告するとともに、都の指定医療機関一覧をホームページで公表します(東京都の指定医療機関一覧はこちら)。
  • この他、全国の指定医療機関一覧は、国立国際医療研究センター肝炎情報センターが運用する「肝炎医療ナビゲーションシステム」(外部のページに移動します。)で公表されます。
  • 都から指定を受けた指定医療機関は、都外の患者が入院した場合であっても、入院医療記録票の交付及び記載、臨床調査個人票等の作成、公費の取扱いが可能です。このため、都から指定を受けていれば、別途道府県に対して本事業における指定医療機関の指定を行う必要はありません。

指定医療機関に関するその他各種申請手続

各申請書類は、必ず自署又は記名押印の上、提出してください。

指定医療機関の指定内容の変更

 指定医療機関の名称、所在地、役員の職氏名(法人開設の場合)等に変更があった場合は、以下の変更届により届け出てください。
 ただし、所在地や開設者の変更であっても、コードの変更を伴う場合(保険医療機関等として廃止、新設となる場合)は、変更ではなく、変更前の医療機関等の業務の廃止を届け出ていただき、併せて変更後の医療機関等の新規申請をしてください(変更前の医療機関等の「指定医療機関業務休止等届」と変更後の医療機関等の「指定医療機関指定申請書」を併せて提出してください。)。

指定医療機関の業務の休止、再開、廃止等

 医療機関等の業務を休止、再開、廃止等する場合は、以下の指定医療機関業務休止等届により届け出てください。
 移転や経営移譲等により、コードが変更となる場合(保険医療機関等として廃止、新設となる場合)も、変更前の医療機関等の業務の廃止を届け出ていただき、併せて変更後の医療機関等の新規申請をしてください(変更前の医療機関等の「指定医療機関業務休止等届」と変更後の医療機関等の「指定医療機関指定申請書」を併せて提出してください。)。

指定医療機関の辞退

 肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業における指定医療機関の指定を辞退する場合は、以下の申出書により辞退を申し出てください。
 ただし、医療機関等の廃止に伴う場合は、辞退申出書ではなく、上記の「指定医療機関業務休止等届」により業務の廃止を届け出てください。

指定医療機関指定書の再交付(紛失、汚損等による)

提出先及び問合せ先

〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎29階南側
東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課疾病対策担当(指定医療機関担当)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。