このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

看護管理者連絡会議

1 目的

 保健医療福祉に携わる看護管理者がそれぞれの立場から「看護の質の向上」に関わる諸問題について討議、検討を行い、地域における各看護管理者同士のネットワーク活動を通し、看護職の総体的な資質向上の推進を図るとともに、都民への看護サービスの質を高めることを目的としています。

2 活動内容

 看護管理者連絡会議は、都内看護職の「看護の質の向上」を図るため、地域における各看護管理者の主体的活動の場の一つとして、東京都が支援をする形で、講演会やシンポジウム、看護管理者同士の情報交換などの活動を行っています。
 看護管理者連絡会議は、各医療圏や区市などの単位での看護管理者による主体的ネットワーク活動を推進するためのきっかけや、情報提供の場としての機能も有しています。

3 沿革

昭和37年度 看護管理者連絡会議の前身である総婦長会として活動を開始
平成14年度

看護教育管理者部門が自主運営として切り離され、現在の「看護管
理者連絡会議」として再構築

4 構成

 都内の病院の看護管理者、都内の看護師等学校養成所の教育管理者、都内の訪問看護ステーション、保健所等の看護管理者

5 平成30年度看護管理者連絡会議

第1回看護管理者連絡会議

開催日 平成30年9月11日(火曜日)
開催時間 午後2時から午後4時30分まで
会場 東京都庁第1本庁舎5階大会議場
講演 「地域包括ケアシステムの構築における看護管理者の役割」
講師 公益社団法人日本看護協会 副会長 齋藤 訓子 氏

【資料】

※講演資料は平成31年3月29日(金曜日)まで掲載いたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療人材課 看護担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。