このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

お口の健康手帳

「お口の健康手帳」って何?

 成人を対象に、日ごろからの健康管理に役立つ情報を掲載し、健診の記録やかかりつけ歯科医での診療の記録ができる手帳です。
 歯周病にかかると、全身の健康にどういう影響があるか、何本の歯があれば、どういうものが食べられるか、みなさんは知っていますか?
 答えは「お口の健康手帳」に書いてあります。以下のファイルからご覧ください。

※お口の健康手帳デンタルパスポートは、21年3月に新しくなりました。

「お口の健康手帳」を使うと何が良いの?

・健診記録、かかりつけ歯科医での診療の記録がこの一冊でわかります。→歯科保健指導がより効果的に行える!
・自分の歯の健康づくりに積極的に取り組む契機となります。 →8020(はちまる・にいまる)の達成!(80歳になっても20本以上の自分の歯を持っていられる)

「お口の健康手帳」を使いたい(健康保険組合、企業、区市町村等向け)

 健康保険組合・企業・区市町村等で、「お口の健康手帳」をご利用になりたい場合は、下記までお問い合わせください。
 社員・住民の健康増進を目的とし、直接営利を目的としない出版であれば、無償で著作物を利用することができます。
 印刷等にかかる費用は、申請者の負担となります。

「お口の健康手帳」を利用したモデル事業の報告書

東京都では、平成16年度に「東京都健康増進事業実施者歯科保健支援モデル事業」を実施しました。
この事業は、健康増進事業実施者(健康保険組合、区市町村等)が、効果的な歯科健診・歯科保健指導を行うためのシステムを検討したものです。
 報告書は以下のファイルです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 地域医療対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。