このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療助成 の中の 【医療機関関係のみなさまへ】医療等助成費の請求方法 のページです。

本文ここから
医療・保健

【医療機関関係のみなさまへ】医療等助成費の請求方法

福祉保健局保健政策部医療助成課
平成27年1月1日以降

 契約医療機関からの医療助成費の請求方法は下表のとおりです。(印刷する場合は、下記添付のPDFファイルを御使用ください。)

医療助成費の請求方法
負担者番号 名称 都内契約医療機関(注釈1) 都外契約医療機関(注釈1)
51136018 難病医療(スモン、劇症肝炎、重症急性膵炎、プリオン) 併用レセプト(注釈2) 併用レセプト(注釈2)
51137016 特殊医療(先天性血液凝固因子欠乏症等) 併用レセプト(注釈2) 併用レセプト(注釈2)
38136016 B型C型ウイルス肝炎医療 併用レセプト(注釈2) 併用レセプト(注釈2)
82138009 特殊医療(人工透析を必要をする腎不全) 併用レセプト(注釈3) (マル都)東京都負担医療費請求書
82138553 特殊医療(人工透析を必要をする腎不全)(経過措置) 併用レセプト(注釈3) (マル都)東京都負担医療費請求書
82134008 小児精神病 併用レセプト(注釈3) (マル都)東京都負担医療費請求書
82134008 被爆者の子に対する医療 併用レセプト(注釈3) (マル都)東京都負担医療費請求書
82137001 大気汚染関連疾患病 併用レセプト(注釈3) (マル都)東京都負担医療費請求書
82137555 大気汚染関連疾患病 併用レセプト(注釈3) (マル都)東京都負担医療費請求書
83136010 難病医療(都疾病)(本則) 併用レセプト(注釈4) 難病医療費請求書
83135012 難病医療(都疾病)(経過措置) 併用レセプト(注釈4) 難病医療費請求書
87136008 妊娠高血圧症候群等(八王子・町田を除く都内市町村) 併用レセプト(注釈3) (マル都)東京都負担医療費請求書
80136*** 心身障害者医療費助成制度(本人負担あり) 併用レセプト(注釈5) (マル障)東京都負担医療費請求書
80137*** 心身障害者医療費助成制度(本人負担なし) 併用レセプト(注釈5) (マル障)東京都負担医療費請求書
81136*** ひとり親家庭医療費助成制度(本人負担あり) 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
81137*** ひとり親家庭医療費助成制度(本人負担なし) 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
88132*** 乳幼児医療費助成制度 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
88138*** 乳幼児医療費助成制度 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
88131*** 義務教育就学児医療助成制度(本人負担あり) 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
88134*** 義務教育就学児医療助成制度(本人負担あり) 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
88133*** 義務教育就学児医療助成制度(本人負担なし) 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
88135*** 義務教育就学児医療助成制度(本人負担なし) 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)
88137*** 義務教育就学児医療助成制度(本人負担なし) 併用レセプト(注釈5) お取扱いいただけません。(注釈6)

注釈1:医療機関の窓口で上記医療券を適用するには、東京都医師会、東京都歯科医師会、東京都薬剤師会に御加入になっているか、東京都と個別に契約していただく必要があります。
 詳しくは、下記担当までお問合せください。
 医療助成課医療調整担当 03-5320-4453

注釈2:次の場合は「(マル都)東京都負担医療費請求書」(10名連記)で請求してください。
自立支援医療(更正医療15又は育成医療16)との併用

注釈3:次の場合は「(マル都)東京都負担医療費請求書」(10名連記)で請求してください。
・他道府県の国保又は他道府県の後期高齢との併用
・第一公費の患者負担分をマル都82で助成する形での併用(※国保に限る。社保の場合は、併用レセプト請求可。)

注釈4:次の場合は「難病医療費請求書(10名連記)で請求してください。
・他道府県の国保又は他道府県の後期高齢との併用
・第一公費の患者負担分をマル都83で助成する形での併用(※国保に限る。社保の場合は、併用レセプト請求可。)
・介護保険との併用

注釈5:他道府県国保の場合は併用レセプトの請求はできません。
     そのため、レセプト請求は保険分のみ行い、窓口において保険上の自己負担額を徴収してください。
助成費については、本人への現金償還となります。

注釈6:医療機関から助成費分の請求は出来ません。
     そのため、レセプト請求は保険分のみ行い、窓口において保険上の自己負担額を徴収してください。
助成費については、本人への現金償還となります。

心身障害者医療費助成(マル障)・ひとり親家庭等医療費助成(マル親)・乳幼児医療費助成(マル乳)・義務教育就学児医療費助成(マル子)の請求について

詳細は次のホームページでも掲載しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。社会保険診療報酬支払基金東京支部ホームページ 東京都の医療費助成事業

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都国民健康保険団体連合会ホームページ 東京都医療費助成事業の請求方法

各制度についての詳細

東京都の医療費公費負担事業等一覧

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 医療助成課 医療調整担当 です。

本文ここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る