このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療助成 の中の B型・C型ウイルス肝炎医療費助成について の中の B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤治療(エンテカビル水和物錠の後発品であるエンテカビル錠12種類)が医療費助成の対象となりました。 のページです。

本文ここから

B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤治療(エンテカビル水和物錠の後発品であるエンテカビル錠12種類)が医療費助成の対象となりました。

B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤治療(エンテカビル水和物錠の後発品であるエンテカビル錠、下記の12種類)が医療費助成の対象となりました。

エンテカビル錠0.5ミリグラム「サンド」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「CMX」、エンテカビルOD錠0.5ミリグラム「サワイ」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「ファイザー」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「DSEP」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「KN」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「JG」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「EE」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「YD」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「タカタ」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「武田テバ」、エンテカビル錠0.5ミリグラム「トーワ」

助成期間

平成30年3月31日までの間に、上記1の治療の助成に対する申請を行った者について、医療費助成の対象となる者と認めたときは、当該申請を行った者の申出に基づき、医療費助成の開始日を同29年6月16日(保険適用日)まで遡及できる取扱いとします。

その他

申請手続きについては、B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成(リンク)

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 疾病対策担当(03-5320-4471) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

B型・C型ウイルス肝炎医療費助成について

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。