このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 献血・移植医療 の中の 臓器提供の意思表示について のページです。

本文ここから
医療・保健

臓器提供の意思表示について

 平成22年7月17日、改正臓器移植法が全面施行され、親族優先提供の意思表示、15歳未満からの脳死下提供が可能になりました。
 また、生前に臓器提供に関する意思を表明しておらずご本人の意思が不明な場合には、ご家族の承諾によって臓器提供できるようになりました。
 最期を迎えるときにご自分の意思が生かされるためには、日ごろから臓器提供について良く知り、あらかじめ明確な意思表示をしておくことが必要です。
 臓器意思表示カードまたはインターネットのサイト上で意思登録をしておけば、確実です。
万一のときに後悔しない、後悔させないために、臓器移植についてご家族とよく話し合い意思表示をしておきましょう。
 15歳未満の方は保護者とともに「臓器提供しない」意思登録のみが可能です。
 意思表示により、臓器提供しない権利、する権利の両方が尊重されます。
 救急救命医療の内容に影響することもありません。
臓器提供意思表示カード付リーフレットは、保健所や区市町村、運転免許試験場、スーパー、コンビニエンスストア等などに置いてあります。
詳しくは、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク(電話 0120-78-1069)までお問い合わせください。

写真 臓器提供意思カード
臓器提供意思カード

臓器提供意思表示カード付リーフレット
臓器提供意思表示カード付リーフレット

臓器提供Q&A

Q 「脳死」とはどんな状態ですか?
A 「脳死とは、呼吸・循環機能の調節や意識の伝達など、生きていくために必要な働きを司る脳幹を含む、脳全体の機能が失われた状態です。
 事故や脳卒中などが原因で脳幹が機能しなくなると、二度と元に戻りません。
 薬剤や人工呼吸器などによってしばらくは心臓を動かし続けることもできますが、やがて(多くは数日以内)心臓も停止してしまいます。
 植物状態は、脳幹の機能が残っていて、自ら呼吸できる場合が多く、回復する可能性もあります。
 脳死と植物状態は、根本的に全く違うものなのです。

※ その他、意思表示の方法や臓器移植について詳しいことは、日本臓器移植ネットワーク(電話 0120-78-1069)に問いあわせるか、ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益社団法人 日本臓器移植ネットワークホームページ

電話 0120-78-1069

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 献血移植対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る