このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 献血・移植医療 の中の 10月は臓器移植普及推進月間です のページです。

本文ここから

10月は臓器移植普及推進月間です

臓器移植普及推進月間

毎年10月1日から31日までは、臓器移植普及推進月間です。
日本で臓器提供を待っている方は、約14,000人。そのなかで移植を受けられる方は、年間約400人です。
移植を受けた人は、移植した臓器を異物として攻撃しないよう、免疫抑制剤を飲み続けることにはなりますが、旅行や学校に行ったり、仕事に復帰することもできるようになります。
臓器提供について、日頃から家族や大切な人を話し合っておくことで、皆さんの意思を生かすことが出来ます。
「提供する」・「提供しない」どちらも本人の大切な意思です。
YESでもNOでも意思表示を!

臓器提供に関する意思表示について

臓器提供の意思は、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカードや意思表示カード、インターネットで表示できます。
意思表示については、こちらをご覧ください。


臓器提供意思表示カード

第39回臓器移植普及推進キャンペーン

臓器提供意思表示カード等普及啓発資材を配布し、意思表示についての協力を呼びかけます。

日時・場所

令和元年10月6日(日曜日)
午後1時から上野恩賜公園内にて
※雨天中止

《問合せ先》

臓器提供について 公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク
電話 0120-78-1069
東京都福祉保健局疾病対策課献血移植対策担当
電話 03-5320-4506

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 献血移植対策担当(03-5320-4506) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。