このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

病院管理の手引き

このページは「病院管理の手引き」を掲載しております。

 病院を適正に運営管理していくためには、医療法をはじめとする多くの関係法令で定められた規定を遵守することが必要となります。
 その内容は広範囲にわたり、人員、構造設備、清潔保持、各種診療記録・帳票類、個人情報保護、給食、放射線設備などについて、適切に病院管理を行っていくことが求められます。
 また、第5次医療法改正により、病院管理者には医療の安全を確保するための措置を講じることが義務づけられ、院内感染対策、医薬品安全管理、医療機器安全管理を含めた医療安全管理体制を整備しなければなりません。
 更には、医療法の改正のみに留まらず、災害対策、児童虐待防止など時流に即した 医療安全を提供すべく病院と行政との相互協力が一層求められています。
 各病院について定期的に実施している医療法に基づく立入検査では、病院を科学的で、かつ、適正な医療を行う場にふさわしいものとすることを目的に、医療法をはじめとする関係法令への適合状況や、法令・通知に基づいた適正な管理を行っているかについて確認しております。しかし、本来は、各病院が自ら、より適正な管理をめざした取組を進めることが望まれます。
 そのため、都が実施する医療法に基づく立入検査では、「病院自主管理チェックリスト」を用いることにより、行政による検査での確認とともに、日頃から病院の自主的な確認を進めるようお願いしております。
 「病院管理の手引」は、各病院が関係法令や通知に定められた内容を効率よく確認し、適切な病院管理を行うために、重要な事項を一冊にまとめたものです。また、巻末には医療法関連の各種届出に関する様式類等についても掲載しております。
 本冊が、各病院において適正な運営管理を進めるための一助となれば幸いです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療安全課 指導担当(03-5320-4432) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。