このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の エイズについて の中の 医療従事者向け講習会「地域のHIV陽性者の透析医療を進めるにあたって」の開催について のページです。

本文ここから

医療従事者向け講習会「地域のHIV陽性者の透析医療を進めるにあたって」の開催について

 現在HIV感染症は、適切な服薬等により予後が大幅に改善されました。その反面、糖尿病や慢性腎臓病などの長期合併症への対応が必要になっており、今後、透析医療のニーズが増していくことが予想されています。
 透析医療の現場では、HIVより感染力が強いHBVやHCV感染者の受け入れは進んでいます。しかし、HIV感染は馴染みが薄く、スタッフの理解やプライバシーの問題など受け入れにはハードルが高いと感じることが多いようで、受け入れ透析医療機関を探すのは困難な状況にあります。今後、透析の必要なHIV陽性者が、身近な地域で透析を受けられるよう、各透析医療機関の御理解と御協力が必要です。
 今回、都内の透析医療機関の医師やその他医療関係者の皆様を対象に、HIV陽性者の透析医療について理解を深めていただくための講習会を実施しました。

開催日時・場所

日時

平成29年9月14日(木曜日) 午後7時から午後9時まで

場所

中野サンプラザ 14階 クレセントルーム

プログラム

プログラム
時間 プログラム 講師
午後7時00分から
午後7時05分まで
あいさつ 東京都福祉保健局 健康安全部
午後7時05分から
午後7時35分まで
HIV感染症の最新知識 東京医科大学病院 臨床検査医学科医師
城川 泰司郎 先生
午後7時35分から
午後8時05分まで
HIV陽性者の透析医療 都立駒込病院 腎臓内科医長
太田 哲人 先生
午後8時05分から
午後8時25分まで
地域の医療機関の取組
(HIV陽性者の維持透析患者受け入れ)
苑風会病院 病院長
苑田 祐二 先生
午後8時25分から
午後8時55分まで
質疑応答  
午後8時55分から
午後9時00分まで
アンケート記入 他 東京都福祉保健局 健康安全部

問い合わせ先

東京都 福祉保健局 健康安全部
感染症対策課 エイズ対策担当
電話:03-5320-4487

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 感染症対策課 エイズ対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

エイズについて

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。