このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の エイズについて の中の 予防について のページです。

本文ここから
医療・保健

予防について

平成27年に東京都に報告されたHIV感染者・AIDS患者の推定感染経路は、約9割が性的接触です。

エイズの原因となるHIVは、血液・精液・カウパー・膣分泌液・母乳の中に含まれており、粘膜(尿道[ペニスの先]、膣、直腸[肛門の先]、口の中等)や傷口から体内に入りこむと感染の可能性があります。

つまり、精液や膣分泌液が粘膜や傷口に接触することでHIVに感染する可能性がでてくるのです。

予防については、感染経路を絶つことが重要です。血液では、カミソリ・歯ブラシ・ピアスの共用や注射器の回し打ちをしないことなどで、予防できます。母子感染では、早期に感染の有無が確認できれば、出産前後の適切な医療により、子供への感染を低下させることができます。性的接触については次に詳しく書いてあります。

どうすれば予防できるの?

NO SEX(セックスしない)

HIVを含む多くの性感染症は性的接触により感染します。若すぎる時期の性的接触は心身にトラブルを起こしやすいので、性的接触をしないという選択肢も考えてみましょう。

SAFE SEX(安全なセックス)

二人とも感染していないことが確実でお互いに他のセックスパートナーがいなければ、二人の性的接触は安全です。

SAFER SEX(より安全なセックス)

HIV感染は、コンドームを正しく使用すれば防ぐことができます。必ず、ペニスが膣、肛門、口に接触する前に正しくつけるようにしましょう。また、コンドームには、男性用だけでなく、女性用のコンドームもあります。

オーラルセックスでは大丈夫?

オーラルセックスでは、HIVが口腔内の粘膜と長時間接触しないため、すぐに口をゆすげば感染の可能性は低くなると言われています。

とはいっても、オーラルセックスをして大丈夫かというと決してそうではありません。HIVは傷口から侵入するので、もし口の中に口内炎などの傷口があったりすれば、危険度は増します。

したがって完璧に予防したいならば、オーラルセックスの時でもコンドームやデンタルダム(オーラルセックスでの際に膣に当てる透明で薄いナイロンのようなもの)等を正しく使用しましょう。

コンドームの正しいつけ方

コンドームには使用期限があり、品質保持期間内のものを使用しましょう。また、保管状態の良いものであることが必要です。熱や摩擦の多い所、直射日光のあたる所、防虫剤などの揮発性物質のある所での保管は適しません。
爪でゴムを傷つけることがあるので、きちんと爪を切っておきましょう。

Step1

コンドームを傷つけないように取り出す。

図 コンドームを傷つけないように取り出す。

Step2

精液溜まりを軽くつまみ空気を抜く。

図 精液溜まりを軽くつまみ空気を抜く。

Step3

勃起したらすぐに、ペニスにかぶせる。

図 勃起したらすぐに、ペニスにかぶせる。

Step4

ペニスの根元にたるんだ皮膚が残らないようにしっかりかぶせる。

図 ペニスの根元にたるんだ皮膚が残らないようにしっかりかぶせる。

Step5

射精後はペニスが小さくなるまえに抜く。
ティッシュなどに包んできちんと捨てる。

図 射精後はペニスが小さくなるまえに抜く。ティッシュなどに包んできちんと捨てる。

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 感染症対策課 エイズ対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

エイズについて

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る