このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の 結核情報・対策 の中の 結核患者収容モデル事業(国庫補助) のページです。

本文ここから

結核患者収容モデル事業(国庫補助)

事業内容

結核患者の高齢化等に伴って複雑化する高度な合併症を有する結核患者または入院を要する精神障害者である結核患者に対して、医療上の必要性から、一般病床又は精神病床において収容治療するためのより適切な基準を策定するために、モデル事業として行っている国庫補助事業です。

結核患者収容モデル事業によるモデル病室に収容できる患者は、結核の治療が必要な患者のうち、次の条件の1つ以上に該当する場合となります。

(1) 合併症が重症あるいは専門的高度医療又は特殊医療を必要とする場合
(2) 合併症が結核の進展を促進しやすい病状にある場合
(3) 入院を要する精神障害者である場合

平成31年度整備計画書類の提出について

平成31年度結核患者収容モデル事業の整備計画書類の提出は締め切りました。

(1) 結核患者収容モデル事業の指定要望書

(2)結核患者収容モデル病室整備計画書(様式第2号)及び事業内訳書

なお、整備計画は原則として電子媒体(DVD等)での提出となります。必ず「電子媒体の提出方法」を御確認のうえ、提出をお願いします。

注意事項

この補助事業の整備計画書等は、厚生労働省関東信越厚生局の募集時期にあわせて医療機関からの提出を受け付けるため、募集時期以外の提出は受け付けておりません。募集時期は対象となる医療機関に別途お知らせします。

提出先

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 
東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課(結核担当)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 感染症対策課 結核担当(03-5320-4483) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。