このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 国民健康保険 の中の 国民健康保険のあらまし の中の 国民健康保険の審査請求 のページです。

本文ここから
医療・保健

国民健康保険の審査請求

 国民健康保険制度において、都内区市町村等の保険者が行った保険給付に関する処分又は保険料その他徴収金に関する処分に不服があるときは、東京都国民健康保険審査会に対して審査請求することができます。

1 審査請求とは

 審査請求では、都内区市町村等の保険者が行った処分の取消を求めることができます。東京都国民健康保険審査会は、処分に違法又は不当な点が無いかを審査し、審査請求に理由があると認めた場合には、裁決により請求人の主張を全部又は一部認めます。 これにより保険者が改めて処分をやり直すことになります。
 東京都国民健康保険審査会が独自に処分をやり直すものではありません。

2 審査請求できる方

 次の要件をすべて満たす方が対象となります。
(1) 都内区市町村等の国民健康保険被保険者、もしくは被保険者であった者又は被保険者の受給権を継承した遺族等
(2) 都内区市町村等の保険者が行った処分に不服がある者
(3) 違法又は不当な処分により直接に自己の権利又は利益を侵害されたと主張する者
 
 なお、代理人により審査請求する場合は、審査請求人の委任状が必要となります。 

3 審査請求できる期間

 処分があったことを知った日の翌日から起算して三月以内です。ただし、処分があった日の翌日から起算して1年を経過している場合は審査請求することはできません。

4 審査請求の対象となる処分

 次の処分が対象となります。
(1) 国民健康保険給付に関する処分
    海外療養費、高額療養費、移送費 等
(2) 被保険者証の交付請求又は返還に関する処分
(3) 保険料その他国民健康保険法の規定による徴収金に関する処分 等
    保険料の賦課及び徴収、不正利得に係る徴収金又はこれらに係る滞納処分 等

 なお、「国民健康保険」を徴収する市町村に対する不服申立ては、地方税法の規定が適用され、保険者に対する「不服申立て」の手続きとなるため、東京都国民健康保険審査会に審査請求はできません。

5 審査請求の方法

 審査請求書を作成し、東京都国民健康保険審査会に提出することにより行います。
 詳しくは、下記の「審査請求の御案内等」を御確認ください。

6 審査請求の御案内等

(1) 審査請求の御案内

審査請求制度について説明しています。

(2) 審査請求書等
    審査請求書は必ず正副2通を御用意いただき、正副ともに審査請求人又は代理人の押印をお願いします。

審査請求書類の記入方法を説明しています。

ワードがインストールされたパソコンで書類を作成される方は、こちらを御利用ください。

ワードを利用できない方は、こちらを利用して手書きで作成してください。

(3) 委任状
    審査請求人御本人ではなく、代理人により審査請求をされる場合は、審査請求書に必ず添付してください。
    正副2通を御用意いただき、正副ともに押印をお願いします。

ワードがインストールされたパソコンで書類を作成される方は、こちらを御利用ください。

ワードを利用できない方は、こちらを利用して手書きで作成してください。

7 審査請求書の提出先

 〒163‐8001
 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
 東京都国民健康保険審査会事務局
 FAXや電子メールによる提出は認められていません。

8 審査請求手続きの流れ

9 審査会等情報

審査会の名称

東京都国民健康保険審査会

設置根拠

国民健康保険法第92条

設置年月日

昭和24年9月15日

所掌事項

国民健康保険給付に関する処分又は保険料その他国民健康保険法の規定による徴収金に関する処分に対する審査請求の審理及び裁決を行う。

委員数

9名

担当

東京都福祉保健局保健政策部国民健康保険課 
審査請求担当
TEL (03)5320-4163

10 会議開催状況

11 裁決実績

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る