このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 国民健康保険 の中の 後期高齢者医療制度について の中の 4 保険料 (3)納付方法 のページです。

本文ここから
医療・保健

4 保険料 (3)納付方法

保険料の納め方

保険料は、介護保険料と同じ年金から引き落とされます(特別徴収)。
なお、申請により、口座振替に変更ができます。希望される方はお住まいの区市町村の担当窓口に御相談ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都後期高齢者医療広域連合 東京いきいきネット「お問い合せ」 区市町村後期高齢者医療制度担当窓口一覧

保険料の納め方

特別徴収
 公的年金(介護保険料が引かれている年金)から、後期高齢者医療保険料が引き落とされます。
 ただし、以下の場合は特別徴収できません。

◇公的年金額が年額18万円未満の方。
◇介護保険料と後期高齢者医療制度の保険料の合算額が公的年金の1回当たりの年金受給額の2分の1を超える方。
◇年度の途中で他の区市町村から転入した方(一定期間のみ)。
◇年度の途中で新たに後期高齢者医療制度の対象となった方など(一定期間のみ)。

仮徴収 本徴収
4月 6月 8月 10月 12月 2月
前年の所得が確定するまでの間、前年度の保険料額を基に仮算定された保険料額を徴収します。 前年の所得確定後、年間保険料額が決定され、その年間保険料額から仮徴収額を差し引いた額を3期に分けて徴収します。

●普通徴収
 特別徴収の対象とならない方は、納付書や口座振替により納めていただきます。納付期数は、区市町村によって異なります。

社会保険料控除について

 保険料は、社会保険料控除の対象となります。
 なお、保険料を年金から引き落としている方は本人が控除を受けますが、口座振替を選択された場合は、保険料を引き落とす口座の名義人が控除の対象となります。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 国民健康保健課 後期高齢者医療担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る