このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 救急・災害医療 の中の 救急の日シンポジウム議事録 の中の 平成26年 救急の日シンポジウム のページです。

本文ここから
医療・保健

平成26年 救急の日シンポジウム

テーマ「東京都の災害医療の更なる充実に向けて ~東京DMAT 創設後10年の取組と今後~」

 東京都では、9月9日の「救急の日」及び「救急医療週間」における行事として、毎年シンポジウムを開催しています。
 今回は、災害医療派遣チーム「東京DMAT」創設後10年の取組を踏まえ、活動の意義や成果について、首都直下型地震発生時の東京DMATの活動や災害医療コーディネーターとの連携等の紹介も交えつつ、ディスカッションを行いました。

開催日時・場所

 日時 平成26年9月10日(水曜日) 午後4時から午後6時40分まで
 場所 東京都庁第一本庁舎5階大会議場

1 基調講演

テーマ「東京DMAT 創設後10年の取組と今後」
山口 芳裕 氏(杏林大学医学部 救急医学教室主任教授)

2 シンポジウム

座長
山口 芳裕 氏 (杏林大学医学部 救急医学教室主任教授)
宮野 收 (東京都福祉保健局医療政策部 災害医療担当課長) 

パネリスト
吉原 克則 氏 (東邦大学医療センター大森病院 救急・災害統括部教授)
小井土 雄一 氏 (国立病院機構災害医療センター 臨床研究部長・救命救急センター長)
布施 明 氏 (日本医科大学付属病院 救命救急科准教授)
内田 靖之 氏 (帝京大学医学部 救急医学講座助手) 
川原 千香子 氏 (東京医科大学病院 看護師長)
木下 修 氏(東京消防庁 警防部副参事)
緒方 毅 氏(東京消防庁 救急部副参事)

当日配布資料及び議事録

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 救急災害医療課 救急医療担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る