このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成28年 救急の日シンポジウム

テーマ 『東京都の災害医療体制 ~首都直下地震に備えて~』 

 東京都では、9月9日の「救急の日」及び「救急医療週間」の行事としてシンポジウムを開催しています。
 今年度は、本年4月に発生した熊本地震等から得られた教訓を踏まえ、災害時の医療体制について理解を深めていただくこと、都民一人一人の自助・共助が重要であるという認識を共有していただくことを目的に、DMATや医療救護班、周産期医療、歯科医療を担うさまざまなお立場の医療関係者を講師に迎え、シンポジウムを開催しました。

開催日時・場所

日時 平成28年9月9日午後3時
場所 東京都庁第一本庁舎5階大会議場

1 基調講演

テーマ 「東京都の災害医療体制 ~首都直下地震に備えて~」
講師 山口 芳裕 氏 (杏林大学医学部救急医学教室 主任教授)

2 パネルディスカッション

パネリスト
 猪口 正孝 氏 (東京都災害医療コーディネーター)

 伊藤 雅史 氏 (東京都医師会 理事)

 湯澤 伸好 氏 (東京都歯科医師会 総務理事)

 中井 章人 氏 (日本医科大学多摩永山病院 副院長)

 松本 賢芳 氏 (日本赤十字社災害医療コーディネーター)

 中島 幹男 氏 (都立広尾病院 救命救急センター医長)

当日配布資料及び議事録

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 救急災害医療課 救急医療担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。