このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 救急・災害医療 の中の 災害時の医療 の中の 薬局における事業継続計画(BCP)の策定について のページです。

本文ここから
医療・保健

薬局における事業継続計画(BCP)の策定について

 東日本大震災では、多くの薬剤師が被災地へ入り、調剤や医薬品の管理、一般用医薬品を使用した住民の健康管理、防疫等様々な業務に従事されました。こうした活躍は、ともに働いた医療救護班の医師や看護師だけでなく、被災地の住民からも高く評価され、災害医療における薬剤師の役割が広く認知されました。
 首都直下地震では、負傷者数が147,600人にのぼると想定されており、一人でも多くの患者を救うためには、全ての薬局が、地域の災害医療を担う一員としての役割を果たさなければなりません。具体的には、
 (1)各薬局が早期に復旧し業務を継続すること
 (2)地域の医療救護活動に参加すること
が薬局に求められています。
 都では、薬局がこれらの役割を果たす一助となるよう、『災害時の薬局業務運営の手引き~薬局BCP・地域連携の指針~』を作成しました。この手引きを参考として、各薬局で業務継続計画(BCP)を作成し、災害への対応力を高めてください。

『災害時の薬局業務運営の手引き ~薬局BCP・地域連携の指針~』のダウンロード

(1)一括ダウンロード

※以下の「(2)分割ダウンロード」に「付録‐BCP作成ガイド」のWordファイルを掲載しています。各薬局でBCPを作成される際には(2)からWordファイルをダウンロードし、加工してご利用ください。

(2)分割ダウンロード

  手引きを「本文」と「付録-BCP作成ガイド」の2つのファイルに分けてダウンロードすることができます。
 「付録‐BCP作成ガイド」にはPDFファイルとWordファイルの2つがあります。各薬局でBCPを作成される際にはWordファイルを加工してご利用ください。

災害時における薬剤師班活動マニュアルについて

 災害が起きた時に、薬剤師は自分が所属する薬局・病院等の早期復旧・業務継続に努めることはもちろん、区市町村が設置する(緊急)医療救護所での調剤や、災害薬事センターでの医薬品供給業務に従事する等、自治体の医療救護活動を担うことがが求められています。
 都では、『災害時における薬剤師班活動マニュアル』を作成していますので、『災害時の薬局業務運営の手引き~薬局BCP・地域連携の指針~』とあわせてご一読いただき、是非地域での医療救護活動に参加してください。

災害時における薬剤師班活動マニュアルについて

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 福祉保健局 健康安全部 薬務課 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る