このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

その他の事業について

研修事業について

東京都では、小児医療に携わる医療従事者への研修事業等を通じて、都内における小児救急医療の質の向上を図っています。

地域における小児医療研修事業

地域の診療所の開業医師等を対象とし、二次救急医療機関において小児救急医療に関する臨床研修等を実施しています。地域の小児救急医療水準の向上を図るとともに、地域において小児救急医療を担う人材の養成・確保を進めています。

地域の診療所医師向け小児救急研修会

東京都では、“小児救急に興味がある”、“内科を主たる標榜としているが小児救急患者を今後診療していきたい”という地域の診療所医師等を対象に、小児救急についての研修会を開催しています。

第2回 『かかりつけ医だからこそできる小児救急初期診療』
 (1)バイタルサインと生理学的徴候
 (2)マイナーエマージェンシー

【日時】平成30年9月8日(土曜日)15:00~17:00まで
【場所】武蔵野スイングホール レインボーサロン
【講師】都立小児総合医療センター 救命・集中治療部 救命救急科
    伊原 崇晃 氏  朱田 博聖 氏

第1回延期開催 『こどものケガ・火傷・誤飲』

【日時】平成31年2月24日(日曜日)13:30~15:30まで
【場所】東京都医師会2階講堂
【講師】国立研究開発法人国立成育医療研究センター
    総合診療部 救急診療科 診療部長  植松 悟子 氏
※平成30年7月28日(土) の台風のため延期になった研修です。
お時間等お間違えないようご注意ください。

都民の方々への情報提供等について

東京都では、子どもが病気やケガをした場合の情報提供や、相談窓口を設置しています。

  1. 東京都こども医療ガイド
    病気やケガの対処のしかたや病気の基礎知識、子育てアドバイス等を提供しています。
  2. 子供の健康相談室(小児救急相談)♯8000
    子どもの健康・救急に関する相談に看護師や保健師等が対応します。
  3. 東京消防庁 救急相談センター ♯7119
    救急車を呼んだ方が良いか迷った時に、東京消防庁が受診に関するアドバイスや応急手当に関するアドバイス、診療可能な医療機関を案内しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 救急災害医療課 小児救急医療担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。