このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

東京都周産期医療体制整備計画

東京都では、安心・安全な周産期医療体制の強化を図るため、平成22年10月に5か年の中長期的な整備方針である「東京都周産期医療体制整備計画」を策定し、平成27年3月に改定しました。 
このたび、都における出生状況、NICU等の増床、周産期搬送システムの運用状況等を踏まえ、本計画について、必要な見直しを行い、東京都保健医療計画(周産期)と整合性を図りました。

東京都周産期医療体制整備計画(平成30年3月改定)

過去の周産期医療体制整備計画

東京都周産期医療体制整備計画(平成27年3月改定)

東京都周産期医療体制整備計画(平成22年10月)

このページでは、PDFによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、小児救急医療担当(電話:03-5320-4449)へお問合せください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 救急災害医療課 小児救急医療担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。