このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

二次救急医療機関等従事者向け研修

この研修では、訪問看護ステーションの訪問看護(訪問リハビリ)同行や、地域の児童発達支援サービス事業所等の見学を通して、小児在宅医療の実際を体験いただきます。

対象者

都内の指定二次救急医療機関(小児)、周産期母子医療センター、周産期連携病院等に勤務する医療職(看護師、理学療法士等)

研修日程及び定員

【研修日程】
令和元年7月1日~令和2年3月15日(月初(1週目)及び土日祝日、年末年始を除く)の間の火曜日から金曜日のうち、受講者が希望する日

【定員】
20名

研修内容等

研修カリキュラム、注意事項等が記載されています。よくお読みいただき、申込手続きを行ってください。

申込方法等

受講を希望する最も早い日程の2週間前までに、Excelファイル「研修申込書」をダウンロードし、必要事項を入力の上、電子データをEメールにてasukayama.st@jvnf.or.jpに送付願います。

なお、定員到達次第、受入終了とさせていただきます。

アンケートについて

研修を受講された方は、アンケートに御協力をお願いいたします。
Excelファイル「アンケート」をダウンロードし、必要事項を入力の上、受講後3か月以内を目安に、電子データをEメールにてS0000299@section.metro.tokyo.jpに送付願います。
(例)11月25日に受講 ⇒ 2月25日までに提出

その他

・本研修は、都から公益財団法人日本訪問看護財団に事業の実施を委託しています。
・受講決定者には、公益財団法人日本訪問看護財団立あすか山訪問看護ステーションより、受講決定通知を別途送付します。

・研修内容について御不明な点がある場合は、小児救急医療担当(電話:03-5320-4449)までお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 救急災害医療課 小児救急医療担当(03-5320-4449) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。