このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 難病患者・被爆者の支援 の中の 被爆者援護 の中の 被爆者の方に対する援護 の中の 医療費の給付 のページです。

本文ここから
医療・保健

医療費の給付

一般疾病医療費の給付


1 対象者

 被爆者健康手帳の交付を受けた方。
 ただし後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方は、「一部負担金相当額の支給」をご覧下さい。

2 給付対象疾病

 次の「例外疾病」以外の負傷又は疾病が対象です。
 ただし、保険適用外のものについては、対象となりません。
(例外疾病)
 ・遺伝性疾病
 ・先天性疾病
 ・被爆時以前にかかった精神病
 ・むし歯のうちC1、C2、Ce(エナメル質初期う蝕)
 注)また、自己の犯罪行為、闘争、泥酔、故意又は重過失等による病気やけがについても手帳は使えません。

3 手続方法

(1)被爆者一般疾病医療機関で受診する場合
都知事の指定する被爆者一般疾病医療機関に次のものを提示し、受診してください。

  • 各種健康保険被保険者証
  • 被爆者健康手帳

(2)被爆者一般疾病医療機関以外で受診する場合の支給申請
 各種健康保険証を提示し、医療費を支払った後、保険適用の範囲の自己負担分を請求してください。

<提出書類>
a 医療保険の適用によるもの
 ア 一般疾病医療費支給申請書
 イ 一般疾病医療費請求明細書
b 介護保険によるもの(訪問看護など)
 ア 一般疾病医療費支給申請書(aと同様の様式)
 イ 領収書(原本)
 ウ 在宅介護支援事業者の作成する次の書類のうちいずれか1つ。
 ・介護給付費明細の写し
 ・サービス利用票の写し
 ・サービス利用表別表の写し

 上記の書類を区保健所(保健相談所、保健福祉センター等)又は、市役所・町役場等に提出してください。

一部負担金相当額の給付(75歳以上の方の医療の給付)

1 対象者

 被爆者健康手帳の交付を受け、後期高齢者医療被保険者証を所持している方

2 給付対象疾病

 次の「例外疾病」以外の負傷又は疾病が対象です。
 ただし、保険適用外のものについては、対象となりません。
(例外疾病)
 ・遺伝性疾病
 ・先天性疾病
 ・被爆時以前にかかった精神病
 ・むし歯のうちC1、C2、Ce(エナメル質初期う蝕)
  注)また、自己の犯罪行為、闘争、泥酔、故意又は重過失等による病気やけがについても手帳は使えません。

3 手続方法

(1)被爆者一般疾病医療機関で受診する場合
都知事の指定する被爆者一般疾病医療機関に次のものを提示し、受診してください。
 ・後期高齢者被保険者証
 ・被爆者健康手帳

(2)被爆者一般疾病医療機関以外で受診する場合の支給申請
 後期高齢者被保険者証を提示し、医療費を支払った後、保険適用の範囲の自己負担分を請求してください。

<提出書類>
 次のア、イいずれかの方法で申請してください。
ア 「一部負担金相当額支給申請書」裏面の領収欄に医療機関で金額等の証明をしてもらう。
イ 「一部負担金相当額支給申請書」に医療機関発行の領収書を添付する(注)。
注)医療機関発行の領収書を添付する場合は、領収書に氏名、保険総点数、負担率が記載されている必要があります。記載のない場合は、アの方法で申請をしてください。

 上記の書類を区保健所(保健相談所、保健福祉センター等)又は、市役所・町役場等 に提出してください。

治療用装具の療養費

 保険診療において、保険医が治療上必要があると認めて、関節用装具、コルセット等の治療用装具を業者に作らせて患者に装着させた場合、装具購入に要した費用について、保険者に請求するとともに自己負担分について払い戻しの請求ができます。

手続方法

 保険者に療養費の支給申請を行い、支給の決定を受けた上で申請をしてください。

<提出書類>

ア 一般疾病医療費支給申請書
イ 装具を必要とする医師の意見書(コピー可)
ウ 領収書(コピー可)
エ 保険給付後、保険者が発行した療養費支給決定通知書(原本を提出してください。写し不可。)

 上記の書類を区保健所(保健相談所、保健福祉センター等)又は、市役所・町役場等へ提出してください。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 被爆者援護担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

被爆者の方に対する援護

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る