このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 難病患者・被爆者の支援 の中の 難病患者支援 の中の 難病医療費助成制度 の中の 難病医療費助成の支給認定申請手続等 のページです。

本文ここから
医療・保健

難病医療費助成の支給認定申請手続等

対象疾病について

平成29年4月1日現在、難病医療費助成の対象となる疾病は以下のとおりです。
国の指定難病(330疾病)と東京都単独の難病医療費助成の対象疾病(8疾病)があります。

【国の指定難病】

【都の対象疾病】
平成28年1月1日より、平成27年7月に拡大された国の指定難病との整理のため、都単独の対象疾病が8疾病となりました。

申請手続について

難病医療費助成制度の申請にあたっては、下記申請書のほか、指定医※1の作成した診断書(臨床調査個人票)※2などの書類が必要となります。
詳しくは、下記「難病医療費助成制度の御案内(平成28年10月版)」をご覧ください。

軽症かつ高額の制度についての詳細はこちらを御覧ください。
・軽症かつ高額について

【受給者証をお持ちの方へ】
高額かつ長期の制度についての詳細はこちらを御覧ください。
・高額かつ長期について

※1 指定医制度について
・指定医制度について(要件、手続等)
国の指定難病用の診断書(臨床調査個人票)※2を作成できるのは、指定医のみです。
都の対象疾病用の診断書(臨床調査個人票)※2は、指定医でなくても作成できます。

【難病指定医】
新規用及び更新用の診断書(臨床調査個人票)※2を作成できます。

【協力難病指定医】
更新用の診断書(臨床調査個人票)※2のみ、作成することができます。

【注意】
・難病指定医一覧及び協力難病指定医一覧は、掲載日時点で指定等の処理が完了している方のみ掲載されています。
・掲載日以降も順次処理を行っておりますので、必ずしも全ての指定医が閲覧時に掲載されているわけではありません。
・お掛かりの先生が指定を受けているか、または指定の申請をされているかは、念のため先生御本人に御確認ください。
・外字を使用している場合、正常に表示されず、「・」や異なる字が表示される場合があります。ご了承ください。

※2 診断書(臨床調査個人票)について
診断書の様式は、以下のページからダウンロードできます。
・臨床調査個人票(診断書ダウンロード)

また、東京都の単独疾病に申請される方で、人工呼吸器等を装着されている方(診断書の要件を満たす方)は、下記診断書の添付が必要です。

なお、国の指定難病用の診断書(臨床調査個人票)は、以下のサイトからもダウンロードできます。
・公益財団法人 難病医学研究財団難病情報センター
・厚生労働省健康局疾病対策課

申請受付窓口

申請は、お住まいの区市町村の窓口で受け付けております。
各区市町村の受付窓口については、以下の窓口一覧を御確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 疾病対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る