このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 難病患者・被爆者の支援 の中の 在宅難病事業 の中の 3 在宅難病患者訪問看護師等養成研修(臨床研修) のページです。

本文ここから

3 在宅難病患者訪問看護師等養成研修(臨床研修)

(1)目的

 難病患者の特性を理解し専門的・実践的な看護技術を習得すること、また、在宅療養移行の円滑化を図ることを目的として、病院での臨床研修を実施します。

(2)対象者

 東京都疾病対策課が実施する「在宅難病患者訪問看護師等養成研修(座学研修1※)」を受講し、臨床研修の受講を希望する訪問看護師
※ 座学研修1は、平成28年度までの在宅難病患者訪問看護師養成研修「基礎コース」を指します。
※ 平成26年度以降の修了者も含みます。

(3)実施委託先

  1. 都立神経病院(東京都府中市武蔵台2-6-1)
  2. 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院(東京都小平市小川東町4-1-1)

(4)実施内容

  • 難病患者の看護ケアや療養支援技術を学ぶ。
  • 入院中からの在宅移行支援のプロセスについて学ぶ。
  • 研修の学びを各自の職場で実践するための方法を探究し、難病患者の支援を行う体制の検討を行う。

(5)日程

下記日程のうちいずれか1回(全2日間)
時間 : 午前8時30分から午後5時15分まで
定員 : 各回4名

(ア)都立神経病院

研修回

研修日

申込締切日

第1回目

平成30年7月11日(水)・12日(木)

平成30年5月11日(金)

第2回目

平成30年7月23日(月)・24日(火)

平成30年5月25日(金)

第3回目

平成30年7月25日(水)・26日(木)

平成30年5月25日(金)

第4回目

平成30年8月29日(水)・30日(木)

平成30年6月29日(金)

第5回目

平成30年10月1日(月)・2日(火)

平成30年8月3日(金)

第6回目

平成30年10月3日(水)・4日(木)

平成30年8月3日(金)

第7回目

平成30年10月15日(月)・16日(火)

平成30年8月17日(金)

第8回目

平成30年10月17日(水)・18日(木)

平成30年8月17日(金)

第9回目

平成31年3月4日(月)・5日(火)

平成31年1月11日(金)

第10回目

平成31年3月6日(水)・7日(木)

平成31年1月11日(金)

(イ)国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院

研修回

研修日

申込締切日

第12回目

平成30年7月11日(水)・12日(木)

平成30年5月11日(金)

第13回目

平成30年7月18日(水)・19日(木) 平成30年5月18日(金)

第14回目

平成30年9月12日(水)・13日(木)

平成30年7月13日(金)

第15回目

平成30年9月19日(水)・20日(木)

平成30年7月20日(金)

第16回目

平成30年10月10日(水)・11日(木)

平成30年8月10日(金)

第17回目

平成30年10月17日(水)・18日(木)

平成30年8月17日(金)

第18回目

平成30年11月14日(水)・15日(木)

平成30年9月14日(金)

第19回目

平成30年11月21日(水)・22日(木)

平成30年9月21日(金)

第20回目

平成30年12月12日(水)・13日(木)

平成30年10月12日(金)

第21回目

平成30年12月19日(水)・20日(木)

平成30年10月19日(金)

(6)申込方法

  • 各回の申込締切日までに、「臨床研修 申込書」を疾病対策課宛にFAX又は郵送にてご提出ください。
  • 研修実施日の約1ヶ月前に、所属へ受講決定の連絡をいたします。

(7)その他

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 疾病対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。