このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 資格試験免許 の中の 東京都准看護師試験 の中の 平成29年度東京都准看護師試験受験要項 のページです。

本文ここから
医療・保健

平成29年度東京都准看護師試験受験要項

 保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第18条の規定に基づき、東京都准看護師試験を次のとおり実施する。

1 試験日時

 平成30年2月18日(日曜日)午後1時から午後3時30分まで
 (受験者集合 午後0時35分)

2 試験場所

 東京都社会福祉保健医療研修センター
 〒112-0006 文京区小日向四丁目1番6号

3 試験科目

 ・人体の仕組みと働き
 ・食生活と栄養
 ・薬物と看護
 ・疾病の成り立ち
 ・感染と予防
 ・看護と倫理
 ・患者の心理
 ・保健医療福祉の仕組み
 ・看護と法律
 ・基礎看護
 ・成人看護
 ・老年看護
 ・母子看護及び精神看護

4 受験資格

 次の(1)から(7)までのいずれかに該当する者
(1) 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校において2年の看護に関する学科を修めた者(平成30年3月16日(金曜日)正午までに修業証明書又は卒業証明書(以下「卒業等証明書」という。)を提出できる者を含む。)
(2) 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に従い、都道府県知事の指定した准看護師養成所を卒業した者(平成30年3月16日(金曜日)正午までに卒業等証明書を提出できる者を含む。)
(3) 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(短期大学を除く。)において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業した者(平成30年3月16日(金曜日)正午までに卒業等証明書を提出できる者を含む。)
(4) 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者(平成30年3月16日(金曜日)正午までに卒業等証明書を提出できる者を含む。)
(5) 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、都道府県知事の指定した看護師養成所を卒業した者(平成30年3月16日(金曜日)正午までに卒業等証明書を提出できる者を含む。)
(6) 外国の看護師学校若しくは養成所を卒業し、又は外国において看護師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が前記(3)から(5)までに掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの
(7) 外国の看護師学校若しくは養成所を卒業し、又は外国において看護師免許に相当する免許を受けた者のうち、前記(6)に該当しない者で、厚生労働大臣の定める基準に従い、都道府県知事が適当と認めたもの

5 出願書類

(1) 受験願書
   受験願書に記載する氏名は、戸籍(中長期在留者については在留カード又は住民票、特別永住者については特別永住者証明書又は住民票、短期滞在者については旅券その他の身分を証する書類)に記載されている文字を使用すること。
(2) 受験資格を証明する書類
  ア 前記4の受験資格の(1)から(5)までに該当する者が提出する書類
   (ア) 既修業者又は既卒業者
      学校長又は養成所長による卒業等証明書
   (イ) 修業見込者又は卒業見込者
      修業見込証明書又は卒業見込証明書
      ただし、平成30年3月16日(金曜日)正午までに、学校長又は養成所長による卒業等証明書を提出すること。指定された日までに卒業等証明書の提出がなされないときは、当該受験は無効とする。
      卒業等証明書の郵便等による送付は認めない。提出に当たっては、本人が直接持参すること。ただし、東京都内の准看護師学校又は養成所(以下「養成所等」という。)の職員が持参する場合に限り、代理人による提出を認める。代理人は、東京都内の養成所等の職員であることが確認できるもの(職員証等)を持参すること。
  イ 前記4の受験資格の(6)又は(7)に該当する者が提出する書類
    当該事実を証する書類の写し(原本を提示し、写しを提出すること。)
(3) 受験写真用台紙
   台紙には、写真(出願前6か月以内に、無帽で正面から撮影した縦6センチメートル横4センチメートルのもので、その裏面に撮影年月日及び氏名を記入したもの。)を貼り付けること。
   提出に当たっては、現に在籍し、又は在籍していた学校又は養成所において写真が受験者本人に相違ない旨の確認を受け、写真に刻印を受けること。学校又は養成所において確認及び刻印を受けることができない場合には、受験者本人が東京都福祉保健局医療政策部医療人材課において、写真の貼ってある身分証明書等(運転免許証、学生証等)を提示し、受験者本人である確認を受けること。
(4) 受験票(裏面に領収証書を貼り付けること。)
(5) 連絡用住所・氏名シール

6 試験手数料及び納入方法

(1) 試験手数料
    6,900円
(2) 納付期限
    平成30年1月10日(水曜日)
(3) 納入方法
    納付書により、東京都が指定する金融機関に納入すること。
    なお、納入した試験手数料は、返還しない。
(4) 納付書記入方法
    納付書には、住所及び氏名(氏名については3か所)を明記すること。
(5) 領収証書
    試験手数料納入後の領収証書は、受験願書受付の際に必要なので、受験票の裏側の指定箇所に貼り付けること。

7 出願書類提出期間及び提出時間

 平成30年1月9日(火曜日)及び同月10日(水曜日)午前10時から正午まで及び午後1時30分から午後4時まで
 出願書類の郵便等による送付は認めない。出願に当たっては、本人が直接持参すること。ただし、東京都内の養成所等の職員が持参する場合に限り、代理人による提出を認める。代理人は、東京都内の養成所等の職員であることが確認できるもの(職員証等)を持参すること。

8 出願書類受付場所

 東京都福祉保健局医療政策部医療人材課
 (新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第一本庁舎28階南側 28C会議室)

9 合格発表

(1) 日時
    平成30年3月8日(木曜日)午前10時から午後5時まで(ホームページへの合格者受験番号一覧の掲載は同日正午から3月末日まで)
(2) 場所
 ア 東京都庁第二本庁舎1階南側臨時窓口
 イ 東京都福祉保健局医療政策部医療人材課ホームページ
  http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/joho/soshiki/isei/ijin/index.html
(3) 発表方法
   合格者の受験番号を掲示する。発表後、合格者には合格証書を送付する(合格発表についての問合せには一切応じない。)。
(4) 試験結果の通知
 ア 通知内容
    総点(満点)、個人の総取得点及び科目別取得点
 イ 通知方法
    合否にかかわらず、受験者全員に書面で通知する。
  上記(3)の合格証書及び(4)の試験結果は、受験者が修業見込者又は卒業見込者である場合にあっては、卒業等証明書の提出後に通知する。
  

10 問合せ先

 東京都福祉保健局医療政策部医療人材課(准看護師養成担当)
 郵便番号 163-8001
 所在地 新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第一本庁舎28階南側
 電話番号 03-5320-4517

11 その他

(1) 視覚、聴覚、音声機能又は言語機能に障害を有する者で受験を希望するものは、平成29年11月29日(水曜日)までに上記問合せ先まで申し出ること。申し出た者については、受験の際にその障害の状態に応じて必要な配慮を講じることがある。
(2) 試験会場の収容人員により、受験者数の調整を行う必要が生じた場合には、東京都内の養成所等を卒業した者(平成30年3月16日(金曜日)正午までに卒業等証明書を提出できる者を含む。)、東京都内在住者で東京都外の養成所等を卒業した者(平成30年3月16日(金曜日)正午までに卒業等証明書を提出できる者を含む。)及び前記4の受験資格の(7)に該当する者を優先する。

※ 受験願書の配布について

 出願書類の配布は11月中旬以降を予定しております。
 希望者単位での受付となりますので、個人で出願される方は上記問合せ先へ必ず御連絡ください。また、出願書類の郵送を希望される方は、封筒の表書きに「准看護師試験願書請求」と記載し、下記2点を同封の上、上記問合せ先へ送付してください。
同封するもの
(1) 140円切手(*)を貼付し、宛先を記載した角2サイズの返信用封筒(A4書類を折らずに入れられるサイズ)
(2) 氏名、住所、電話番号等連絡先を記載したメモ用紙等
(*) 願書1通は約30グラムです。願書2通までは140円切手で送付可能です。3通以上御希望の場合は必要金額分の切手を貼付してください。

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療人材課 免許担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

東京都准看護師試験

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る