このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 資格試験免許 の中の 都立看護専門学校 の中の 看護制度の概略 のページです。

本文ここから
お知らせ

看護制度の概略

1 看護とは

看護とは、人がその人らしく生きるために配慮すること。具体的には健康増進から疾病予防、病気からの回復、さらには人生の終末期に至るまで、食事や排泄などの日常生活のサポートをするほか、注射や検査などの診療の補助を行うことです。
近年、診療の補助では、医療技術の進歩にともない、看護が担う役割がますます増大しています。
一方、日常生活のサポートでは、介護など、看護職以外の仕事と重なる部分も多く、一緒に力を合わせて働くことも必要となっています。
看護師の職場は、病院・診療所といった医療施設を中心に、学校の保健室や企業の健康管理室、看護師養成のための教育機関など多岐にわたっています。また、近年では老人保健施設や訪問看護ステーションなど、活躍の場はさらに広がっています。

2 看護従事者の仕事

看護師

療養上の世話又は診療の補助を行う。

准看護師

医師又は看護師の指示を受けて、療養上の世話又は診療の補助を行う。

保健師

保健指導(疾病予防活動や健康相談)を行う。

助産師

助産又は新生児の保健指導を行う。

3 看護師の資格

看護師になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣のによる免許を取得する必要があります。
国家試験の受験資格を得るには、次の方法があります。
(1)高等学校又は中等教育学校を卒業後、文部科学大臣が指定した学校〔大学(4年)・短大(3年)・専門学校(3年)・統合カリキュラム校(4年)課程〕を修了する。
(2)高等学校又は中等教育学校を卒業後、厚生労働大臣が指定した養成所(3年課程)を修了する。
(3)准看護師の資格を取得後、文部科学大臣又は厚生労働大臣の指定した学校・養成所(2年課程)を修了する。

看護学科3年課程の受験資格

高等学校又は中等教育学校を卒業した方(入学予定年の3月卒業見込みを含む。)及びこれと同等以上の学力を有する方

看護学科2年課程の受験資格

1 高等学校又は中等教育学校を卒業している准看護師の方(卒業及び免許取得については入学予定年の3月卒業見込みを含む。)
2 准看護師の免許を得た後、3年(36ヶ月)以上(入学予定年の3月末までの見込みを含む。)看護業務に従事している准看護師

注釈:都立看護専門学校においては、3年課程のみ募集しています。 

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療人材課 人材計画担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る